HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2011年度 メコン川開発研究会
メコン川開発研究会
研究課題:ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発
研究代表者:共通教育推進機構・教授 西口 清勝
 ASEANは今「域外」と「域内」とから二つの大きな課題を突き付けられ、それらに応えなければ念願の「ASEAN共同体」の実現(2015年)は困難になる状況にある。「域外」からの課題とは、中国との新たな関係の構築を指す(「ASEAN・中国自由貿易協定」)。中国のASEANへの浸透、とりわけインドシナ4カ国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)においては、日本を凌駕するほどその存在感を高めている。他方、「域内」からの課題とは「ASEAN・Divide」(ASEAN内での格差拡大)であり、これを放置しておけば経済統合を通じて「ASEAN共同体」を構築することなど画餅に終わる。この場合もインドシナ4カ国が重視されている。というのも、後発インドシナ4カ国と先発ASEAN6カ国(ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)との格差が大きいからである。「域外」と「域内」が交差するのがインドシナ4カ国であり、その開発のための最大のプロジェクトがメコン川地域開発であることはいうまでもない。本研究の目的は、「ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)」、の問題に取り組むことにある。

本研究プロジェクトは、次のように科研費(基盤研究B、海外学術調査)に採択された。
基盤研究(B)海外学術調査 
 研究課題 ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)に関する国際共同研究
研究代表者  西口 清勝 (経済学部)
 研究期間 2009-2011年度の3年間

2011年度活動計画
2011年度の主な研究活動計画は、以下のように4点ある。

1. 立命館大学(本基盤研究の実施センターである同国際地域研究所)において、この研究課題に即して、4回(5月、7月、11月、1月)の研究会を開き研究組織のメンバー(研究代表者と研究分担者)は少なくとも1回は分担する分野について研究報告を行う。
   
2. 8月下旬に予定しているミャンマー現地調査に先立って調査の事前準備を行い、また帰国後調査結果報告を行う。ミャンマーの現地調査に当たっては、➀ミャンマーのGMS政策、➁ミャンマーと他のGMS諸国の経済関係の現状、➂外国資本とミャンマー経済の開発および➃ミャンマーの環境保全、を中心テーマにして調査を行う。
   
3. 11月に、GMS開発に関する主要な国際機関のひとつであるアジア開発銀行(ADB)でヒヤリング調査を行う。
   
4. 以上の今年度の調査研究の成果と過去2年間のGMS現地調査と共同研究会での成果を踏まえて、2012年1月に立命館大学で本研究のテーマ「ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)」に関する国際会議を開く。同国際会議には本研究の研究分担者は無論のこと、このテーマに関する内外の代表的研究者を招聘し、国際的にも高く評価される内容の会議を準備し、その研究成果を公刊する予定である。

研究会の予定
第1回   2011年6月13日(月) 16時~18時
テーマ  ミャンマーは変わるか?―議会選挙後の軌跡と展望―
報告者  津守 滋
 (桐蔭横浜大学法学部名誉教授、立命館アジア太平洋大学客員教授、
  元ミャンマー大使) 

第2回   2011年8月2日(火) 16時~18時
テーマ  ミャンマー政治・経済の現在
 ―新政権でなにが変わり、なにが変わらないのか―
報告者  工藤 年博
 (日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所)

第3回   2011年10月4日(火) 16時~18時
テーマ  メコン地域:拠点開発の取り組み
報告者  石田 正美
 (日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所、
  バンコク研究センター主任研究員)


GMS国際セミナー
日時   2012年3月9日(金)10時~17時、10日(土)10時~16時30分     
チラシのダウンロード
場所   立命館大学創思館カンファレンスルーム
テーマ  ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)
言語  日本語・英語(同時通訳あり)
 後援  外務省 
  日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)(課題番号21402022) 「ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)に関する国際共同研究」
備考  申込み不要、参加無料 

 第1日目  10時~17時 (開場9時30分)
プログラム
 挨拶  高橋伸彰(国際地域研究所所長)
歓迎の辞  見上崇洋(立命館大学副学長【研究担当】)
後援挨拶  佐々山拓也(外務省南東アジア第一課長)
記念講演  GMS開発と日本外交の役割
   朝海和夫(元ミャンマー大使、立命館大学国際地域研究所客員教授)
基調報告Ⅰ  Evaluating Prosperity and Smoothness of the Cities and Border Areas along three Economic Corridors
 石田正美(JETROアジア経済研究所バンコク研究所上級研究員)
基調報告Ⅱ ASEAN 域内協力の展開とメコン川地域開発(GMS)
 西口清勝(立命館大学教授)
Session 1: Cambodia 【13時~14時】
 報告 The Role of Official Development Assistance in Cambodia's Social and Economic Development
 Heng Chou(カンボジア開発評議会[CDC]シニア・アドバイザー)
 報告 ASEAN 統合におけるカンボジアの現状と課題
 Ngov Penghuy (名古屋大学大学院国際開発科助教)
 予定討論者  Lim Sovannara(国連開発計画[UNDP]カンボジア事務所)
Session 2: Lao PDR  【14時~15時】
報告 東西経済回廊の整備とラオス経済の発展
   小山昌久(立命館大学国際関係学部教授)
 報告 ASEAN・Divide の克服とメコン川地域開発(GMS) -ラオスからのアプローチ
 Phouphet Kyophilavong(ラオス国立大学経済経営学部副部長)
 予定討論者  内山怜和(福井県立大学大学院経済・経営学研究科博士後期課程)
Session 3: Myanmar  【15時30分~16時30分】
報告 ミャンマー新政権のGMS 政策
   工藤年博(アジア経済研究所・地域研究センター・東南アジアⅡ研究グループ長)
 報告 Chinese Migration into Myanmar
   範宏偉(中国厦門大学南洋研究院副教授)
 予定討論者  西澤信善(近畿大学産業理工学部)
Session 4: Vietnam  【16時30分~17時30分】
 報告 Economic Cooperation through the GMS Development Plan and Vietnam
 Nguyen Hong Son(ヴェトナム国家大学ハノイ校・経済経営大学長)
 報告 GMS 開発とヴェトナムにおける環境保全
 仲上健一(立命館大学政策科学部教授)
 予定討論者  細川大輔(大阪経済大学経済学部教授)
 第2日目  10時~16時30分 (開場9時30分)
Session 5: Thailand   【10時~11時】
 報告 メコン川地域開発におけるタイの役割
 Dararatt Anantanasuwong
 (タイ国立開発行政院[NIDA]研究センター上級研究員)
 報告 Development of IP Systems in Selected GMS Countries :
Thailand, Lao PDR and Cambodia
 渡辺周央(同志社女子大学現代社会学部教授)
予定討論者  中野謙(立命館大学大学院経済学研究科博士後期課程)
Session 6: China  【11時~12時】
 報告 中国とGMS 開発 -華人ネットワークの検討を中心にして-
 守政毅(立命館大学経営学部准教授)
 報告 GMS 開発における中国雲南省の参与、問題点と展望
 畢世鴻(中国雲南大学国際関係研究院東南アジア研究所副研究員)
 予定討論者  井手啓二(長崎大学名誉教授、福州大学客員教授)
Session 7: Strategies toward the GMS   【13時~14時30分】
 報告 GMS 開発と日本のアプローチ
 西澤信善(近畿大学産業理工学部教授)
 報告 The Participation of China in the GMS Cooperation
 寥少廉(中国厦門大学南洋研究院教授)
 報告 ASEAN and the Greater Mekong Subregion : Bridging the Development Gap ?
 Shee Poon Kim(台湾淡江大学グローバル政治経済学部教授)
 報告 国際河川開発 -メコン開発と図們江開発- の比較研究
 松野周治(立命館大学経済学部教授)
Session 8: Discussion GMS 開発に対する各国・地域のアプローチと国際協力  【15時~16時30分】
  GMS 開発の意義と展望
 予定討論者  篠田邦彦(経済産業省アジア大洋州課長)


2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度2008年度

To English Page >>

Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.