HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2012年度 EU研究会
EU研究会
研究課題:グローバル秩序と欧州統合の学際的研究
研究代表者:政策科学部教授 安江 則子
  EUという地域圏形成を、法・政策・経済・国際関係といった学問領域から多角的に捉え、欧州統合のもつ意味と課題を明らかにする必要性は高い。具体的には、司法内務協力、域外国境管理、経済危機と信用強化策、近隣諸国政策とエネルギー問題、EUによる外交の展開、EU および加盟国における取組み、国際社会への含意を検証する。域内市場、人の移動、通貨統合という地域圏形成のプロセスは、欧州食糧安全庁や、ユーロポール、FRONTEX(域外国境管理庁)といった共通のリスク管理の仕組みを分析することは、グローバル化が進む中で、日本にとっても重要な示唆を与えている。また、財政危機に際してユーロ圏の財政・経済政策に関連して模索されている制度改革の有効性を見極めることも必要である。
 本研究プロジェクトは、欧州統合の進展とその課題を包括的に検証するために、本学の国際地域研究所を拠点にして、学内のEUならびに欧州問題研究者のネットワーク化をはかり、その学際的研究の成果を蓄積して発信する。

研究会予定
  講演会
日時 2012年10月5日(金) 10:40~ 末川記念会館講義室
テーマ EU Up-date and Current Crisis
報告者 Wolfgang Pape (CEPS, Bruxelles, 欧州政策研究センター)

国際地域研究所・国際関係学部共催 国際ワークショップ
日時 2012年12月10日(月)15:30~17:30 末川記念会館第3会議室
テーマ A Crisis of the Euro or a Crisis of European Integration? Origins, Challenges and A Way Out for the Current European Crisis
報告者 Luís Miguel POIARES PESSOA MADURO(ミゲル・ポイアーレス・マドゥーロ)
 ヨーロッパ大学院大学教授(EU法)
討論者 星野 郁 (国際関係学部教授)
安江 則子 (政策科学部教授)


2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度

Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.