HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2012年度 日本経済研究会
日本経済研究会
東日本大震災後の日本経済の課題と展望―成長から適応へ―
研究代表者:国際関係学部教授 高橋 伸彰
  2011年3月11日に東日本を襲った三陸沖を震源とするマグニチュード9の大地震は、予期せぬ形で日本に対する世界の関心を引き起こした。それは、行方不明者を含め2万4千人に上る犠牲者を出した未曾有の自然災害という悲惨な「事実」によるのだけではなく、我々が享受している文明の基盤がいかに脆く、また危険であるかを福島第一原発の事故を通して世界中の人々が再認識する「転機」にもなったからだ。改めて指摘するまでもなく、欧米にキャッチアップしてから久しい日本経済の課題は、欧米の背中を眺めて走りつづけていた高度成長期とは大きく変わっている。それにもかかわらず2度の石油危機を経ても、またバブル崩壊の痛手を受けても経済成長に対する期待は人々の精神に根強く染みついており、歴史的な政権交代を果たした民主党政権も「成長信仰」から離脱できないまま迷走を強いられている。いま求められている大震災後の復興ヴィジョンには、欧米が主導してきた近代以降の成長中心的な「発展」モデルとは異なる、アジア発の新しい持続的な「発展」モデルの芽が胚胎している。その萌芽は日本にとって脱「成長信仰」の画期となるだけではなく、世界にとっても「発展」のパラダイムチェンジをもたらす画期になると期待される。国際地域研究所がこれまで蓄積したアジア研究との連携を図りながら、改めて日本を地域研究の対象として取り上げ、「災後」の復興構想をアジアの中の日本、ひいては世界の中の日本として位置づけ、研究することは学術的に意義があり、本学の国際化にも寄与すると考えられる。

2012年度研究会
第1回   2012年10月31日(水)16:30-18:00
テーマ   資本主義は日本を救えるか
基調講演   水野 和夫 内閣府審議官(国家戦略担当)
討議者   高橋 伸彰 (国際関係学部教授)
  山下 範久 (国際関係学部教授)
  中川 亮平 (国際関係学部講師)

  2013年3月13日(水)予定
テーマ  
基調講演
討議者

2014年度2013年度 2012年度2011年度


Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.