育成する人材像

東アジア人文学リーダーの養成

東アジア人文学リーダーとは、東アジアに関する人文学的な教養・知性を持って、国際的な組織・集団・社会の活動を円滑に進めてゆく人材を意味します。具体的には、以下の4つのモデルに当てはまる人材を養成します。

知識モデル 日中韓の言語に通じ、東アジアの文化・社会・歴史等に深い知識と理解を有する。
行動モデル 現地の状況を直接見聞きし、現地の人々と直接交流し、人間・社会・歴史・生活を根底に据える人文学のバランスのある知性をもって、東アジアに横たわる諸問題を考察・分析し、解決に向けて行動・実践に移す。
コミュニケーションモデル 多様な言語、多様な文化背景を持った人々が集まる国際的な環境・組織・社会の中で、根拠に基づいて自分の意見を発信し、異なる意見にも耳を傾け、異文化理解能力と多文化調整能力を発揮し、コミュニティーの活動を円滑に推進していく。
キャリアモデル 東アジアを舞台に活動する企業・公共機関・教育研究機関・NPO、あるいは身近なボランティア・サークル・地域社会の中で、多文化共生・多言語協働の環境作りに積極的に参加し貢献する。
東アジア次世代人文学リーダーとはイメージ1
東アジア次世代人文学リーダーとはイメージ2

修得する3つの力

語学力

本プログラムでは、東アジアで活躍できる最も基本的な言語として、中国語と朝鮮語を同時学習していきます。卒業時には、中国語検定2級以上、ハングル能力検定2級以上の取得を目指します。

東アジア人文学専門知識

東アジアの人文学への深い理解のために特化された専門科目群「東アジア人文学科目群」を各大学が開講し、移動キャンパス時に現地の言葉で学びます。そして、4回生では卒業論文を作成し、3ヵ国語で記された卒業論文集を3大学合同で発行します。

国際協働のためのコミュニケーション能力

国際協働で必要となる異文化理解と多文化間調整の能力は、2・3回生の移動キャンパス時の授業や宿舎の両面で養っていきます。授業では、3カ国の学生が混合されたチームを作り、ディベートやプロジェクト等に取組みます。宿舎では、多様な生活規範・様式が混在する中で、中国や韓国の学生と共同生活をし、自主性やリーダーシップを養います。