「」の投稿一覧

CAPならではの学び

  • 2021年11月24日
  • 投稿者:6期生 伊谷 杏香

こんにちは。CAP6期生の伊谷です。

私は朝鮮語、中国語ともに初修クラスで学んでいます。立命館大学に入学して早くも半年以上が過ぎました。大学での勉強やCAPの勉強、アルバイトといった課外活動も積極的に行い、毎日多忙ではありますが充実した日々を過ごしています。それもCAPの仲間がいるからこそ頑張れていると最近改めて痛感しました。やらないといけないことに追われて「つらい!」と思うことも確かにありますが、CAPの授業が終わった後にみんなで遅くまで残ってみんなで頑張って乗り越えるというのを経験してから、「みんなもこうやって頑張ってるから自分も負けずに頑張ろう!」と自然に思いました。今ではCAPの仲間が私のモチベーションとなっています。

 21_blog1124

 CAP修了生の先輩からラーメンをいただきました!ありがとうございます!


そんな中、CAP6期生は10月の後半あたりに中韓学生との共同授業を受けました。日中韓、各国の歴史教科書について読み、各国の教科書の特徴や共通点、あるいは表記にどういった相違点があるのかについて学び、これまでにどういった歴史教育を受けて来たのかについての意見交流をzoomにて行いました。日本人である私はもちろん日本で作られた教科書でこれまで歴史を学んできましたが、今回の交流を通して、中国の歴史教科書や韓国の歴史教科書についても読みました。すると日本の教科書と比べて驚くほど表記に違いがあったことを知りました。

日本の教科書は歴史に基づいてしっかり記載されているのかどうかと疑問に思うこともありました。このように各国の教科書の違いを学んだり、各国の学生同士で意見交流をする中で客観的に歴史教育について学ぶことができました。

 

いよいよ留学まで残り4ヶ月をきりました。より一層全員で切磋琢磨して留学の準備を進めていきたいです。

広東外語外貿大学のオンライン授業を受講して

  • 2021年08月17日
  • 投稿者:江草千愛(4期生)

皆さんこんにちは!CAP4期生の江草千愛です。

今学期受けた広東外語外貿大学のオンライン授業を振り返ってみたいと思います。

 広東外語外貿大学の授業では、中国語の授業以外に中国の文化、文学、歴史について学ぶ授業を受講しました。私は大学入学前から中国語を学んでいたため、授業内容はしっかり理解することができました。言語の授業はHSK4級レベルのテキストを使用し、決して難しいものではありませんでした。ですが、日本で生活していると中国語を話す機会があまりないため、自分の思っていることを表現することに苦労しました。中国語を使って文章を読んだり、発表したり、大変なこともありましたが、先生方や韓国の学生と中国語で会話できたことがとても楽しかったです。

21_blog0817-3  21_blog0817-4

↑授業で使用したテキスト

 中国語が初修の学生達は、授業で理解できない部分もあったと思いますが、広外の先生方が非常に優しくサポートしてくださるので、中国語が苦手でも心配する必要はありません!

 今学期の授業は立命館大学の学生が4人、韓国の東西大学の学生が2人と少人数の授業でした。実際に対面で話すことはできませんでしたが、Wechatなどを通して東西の学生とプライベートでも交流することができました。いつか対面で会えたらと思っています。

 私たち4期生にとっては初めて一学期間すべて広東外語外貿大学あるいは東西大学の授業を受けることができ、充実した時間を過ごすことができました。来学期も頑張りたいと思います!

東西大学での留学を終えて

  • 2021年08月17日
  • 投稿者:柴田明璃(5期生)

こんにちは。CAP5期生の柴田明璃です。

前期のオンラインでの留学が終了した感想を書いてみようと思います。
私は前期には韓国にオンライン留学していました。
初めてのオンラインでの留学は、きちんと授業についていけるのか、一緒に留学する子たちと仲良くなれるのかドキドキしながらスタートしました。
いざ授業が始まると一緒に留学していた子とも仲良くることができたし、授業を通して感じた難しい点や工夫しなければならない点も楽しみながら2回生前期の留学生活を終えることができました。
授業は全て韓国語で行われるため、理解が難しい部分もあり予習復習が必須でした。
文化の授業では韓国の文化について多く学ぶことができました。

実際現地に行って体験することができなかったので残念な気持ちもありましたが、次現地に行ったら体験したいことが増えたのでよかったです!

 21_blog0817-2

そして、東西大学では授業とは別に”Go Global Program”というプログラムがあり、私もそのプログラムに参加しました。
このプログラムではお互いの国に興味がある東西大学の学生と留学生が一週間に1~2時間、合計12回オンラインで交流をするというプログラムでした。
私は授業でわからない部分をペアの人に聞いたり、韓国について自分が気になっていることを質問したりしていました。
反対にペアの人から日本のことについて質問を受けることもありました。
私はこのプログラムを通して授業で学んだこと以外にも韓国について知ることができ、さらに日本について質問を受けたことで日本のことについても改めて考える良い機会になったと思います。

21_blog0817-1

 私はこの留学で成長した部分もあれば課題点も多く発見することができました。
授業内での発言や”Go Global Program”での会話の中でまだまだ韓国語が未熟であるということに気付かされ、コミュニケーションが上手にとれないことに悔しさを感じました。
もっと韓国語や中国語の勉強を頑張り、多くの人とコミュニケーションをとれるようになりたいと思います!

語学は大変だけど頑張っています!

  • 2021年08月03日
  • 投稿者:嵐 多恵(6期生)

こんにちは。CAP6期生の嵐です。

私は朝鮮語は既習者クラス、中国語は初修者クラスで学んでいます。

6期生の朝鮮語既習者は3人と少人数で、切磋琢磨しながら頑張っています。

授業内容としては単語や文法の学習、韓国のメディア記事の音読や読解、作文、発表など様々な学習を受けています。授業は基本朝鮮語で行われます。言い回し方や諺、話し言葉と書き言葉の違いなどを朝鮮語について多角的に学ぶことができ、「こういった違いがあるのか」「こんな言い回し方があるのか」と日々気づきや驚きでいっぱいです。

21_blog0803_2 21_blog0803

中国語初修者クラスでは、使えるフレーズを増やしていくことを重視して授業が行われています。私はこれまで一度も中国語を学んだことがなかったため不安であったし、声調を意識しながら発音しなければいけない中国語に悪戦苦闘中ですが、周りのCAP生や先生に支えられながら頑張っています笑

中国語では小テストがあり、それに向けてみんな「やばい!」と言いながらも頑張って勉強するので自然と力は伸びていっているように感じます。授業はみんな積極的に質問したり、分からないところは教え合ったりしていて活気があります。朝鮮語も中国語もまだまだ未熟ですが、来年の留学に向けて更に力を伸ばせるよう今後も頑張っていきたいと思います!

19年度文学部ゼミナール大会に中韓2回生が参加!

  • 2019年11月20日
  • 投稿者:スタッフ

秋も深まってきましたね。

サツマイモが美味しい季節ですが、食べ過ぎには注意しましょうね!ノリノリ。


さて、先週の金曜日に文学部のゼミナール大会がありました。そこにCAP中韓2回生が参加しました。

これは文学部の学生なら誰でも出場できる大会で、今年は2回生から4回生までの9組が参加したそうです。

その中で中国と韓国の留学生だけでガチで勝負に行ってきました。

その様子は、以下の写真で…

(19)20191120jpg

さて、その結果や、いかに……

答えは、参加した学生たちがきっと記事を書いてくれるだろうから、お楽しみに!