「イベント」の投稿一覧

リーダーズフォーラム in 日本②(前編)

  • 2015年11月09日
  • 投稿者:立命館大パイロット学生 石田晶子
  • イベント
 みなさん、お久しぶりです。キャンパスアジア学生の石田晶子です。
 1年ぶりにブログ記事を書くので少し緊張気味です^^; どうぞ、あたたかい目で読んでやってください。

 最近少しずつ寒くなり、キャンパスアジアの日本人学生は久しぶりの京都の秋を楽しんでいます。そして、秋が深まると同時に、卒論の提出が迫っていることをひしひしと感じる毎日です。今、普通に日本の大学に通って、アルバイトをしながら1人暮らしをしていると、日中韓の学生たちと一緒に生活して、勉強していたことが、少し不思議な気分です。みんな元気かな?去年の今頃は討論準備で大忙しだったのに…。など、すっかり移動キャンパスの頃が「思い出」になってしまいました。1年ってあっと言う間ですね。

 さて、先月の28日にリーダーズフォーラムが行われたことは、前回のブログで鎌倉さんが書いているので、みなさん、ご存知のことと思います。もういいよ、と思うかもしれませんが、我慢して私の感想にも目を通していただけたら幸いです^^


 廣澤先生のプログラム紹介に引き続いて行われた「キャンパスアジアで、何を学んだか」では、代表で登壇した学生3人の体験談を聞きました。
 彼らの話には、そんなこともあったなあ、と頷かされたり、私はそうじゃなかった、と首を横に振ったりと、聞きながら多くのことを考えさせられました。同じ体験をしてきた30人でしたが、その中で考えることは皆違うということを改めて感じました。


リーダーズフォーラム in 日本②(中編)

  • 2015年11月09日
  • 投稿者:立命館大パイロット学生 石田晶子
  • イベント

 学生の体験談に続いて行われた「徹底解剖!キャンパスアジアでの学びとは」では、3人の先生方が3つの視点でキャンパスアジアの取り組みを分析してくださいました。

 北出先生は、外国語教育の視点からキャンパスアジアの学びを評価してくださいました。キャンパスアジアのコミュニティは、共同生活などの「異文化接触の条件」を満たしており、異文化理解において格好の環境である一方で、学生たちが自ら行動し、自律的にキャンパスアジア外の人々と繋がっていく力の低下を指摘され、1年目、2年目と段階を踏んだ教育が必要であるとのお話をいただきました。
 私は移動キャンパスの間中「キャンパスアジアの学生以外の友達がほしい」と常に思っていました。しかし、授業でも宿舎でも見るのは毎日同じ顔ぶれ。少しでも外との繋がりを持とうと、ひとり一般留学生に交じって多国籍の中で韓国語の授業を受けてみたり、韓国人の中国語学科の一般学生たちと中国語を受講してみたりもしました。その中で得ることのできた友情もありましたが、ずっと心の中にあったのは、キャンパスアジアの学生と話している方が“楽”ということです。お互いの言語を話すことができ、常に一緒にいる間柄だからであるとその頃は考えていましたが、キャンパスアジアの学生が異文化理解に長けていたからという点も、理由の一つなのではないかとお話を聞きながら思いました。

 堀江先生からは、国際教育学の視点からお話を頂きました。中でも印象的だったのは、「言語における優位性が交替する」というキャンパスアジアプログラムの特徴です。例えばAが一般的な交換留学で1年間韓国に留学した場合、韓国語が母国語である韓国人がAよりも常に言語において優位な状況にあります。しかし、キャンパスアジアの場合は3ヵ国を移動するために、その優位性が平等に日中韓の学生の間で交替するという特徴です。その対等性はキャンパスアジアの大きな特徴のひとつである、というお話でした。
 私たち学生にとっては当たり前のことでしたが、先生に改めて説明されると、自分たちはなんだか特別なプログラムに参加していたんだなあ、と改めて気づかされました。
 そして、もう一つ、堀江先生が定期的にキャンパスアジア学生を対象にとっていたアンケートの結果、おおよその学生が異文化感受性の発達モデルにおいて高いレベルにあるというお話も、非常に興味深いものでした。そして、そのレベルに達した学生たちが、これから「自分のことをどう説明するか」が課題であるそうです。
 移動キャンパスが終わって日本に滞在するようになり、私にはずっと感じていた違和感がありました。それは、周囲の人々との外国人に対する感情の違いです。私は今、観光地である京都でアルバイトをしながら、多くの外国人観光客を相手に接客の仕事をしています。バイト仲間や上司、後輩からたびたび発せられる外国人観光客の行動に対する文句や、「○○(国名)人」として人を国で限定する視点に、少し窮屈な思いをすることも少なくありません。そんな違和感の正体を、堀江先生のお話を聞くことによって少し解決されたような気がします。そして、異文化に対し否定的な人の話に違和感を持ちながらも、黙って聞いている私は、おそらく先生が最後にお話ししていた「自分のことをどう説明するか」という課題にまさに直面しているのではないだろうかと思いました。

 3人目の安田先生からは、生涯発達心理学の観点からお話を頂きました。キャンパスアジア・プログラムを通して各国を2周することで学生たちが得たものは、自分から一歩踏み出す力であるというお話が、とても印象に残りました。踏み出すことにより発生した良いこと、悪いことの繰り返しの過程で感じた感情変化そのものがキャンパスアジアの学びで、この学びはプログラムが終わってからも生涯続けていくことが大切であるというお話でした。
 私にとってキャンパスアジアでの学びは20年間生きてきた中でも大きな割合を占めていて、その中の何がどうであった、と一言では収めきれません。しかし、文化という絵具が入り混じったカラフルな世界の中で葛藤、そして喜びがあり、その繰り返しが私を強くしたことは間違いないと思います。文化というものは何も国単位のものだけではありません。一人一人が持っている異文化に対面する限り、これからもこの葛藤と喜びを続けていくのかな、と感じながら先生のお話を聞いていました。


リーダーズフォーラム in 日本②(後編)

  • 2015年11月09日
  • 投稿者:立命館大パイロット学生 石田晶子
  • イベント
中編からの続き

 リーダーズフォーラムのあと、先生のお話を聞いた他のキャンパスアジア生と感想を言い合っていたのですが、みんな口を揃えて「自分の感じていたモヤモヤが学術的に説明されてすっきりした」というようなことを言っていました。私も同感です。先生方の貴重なお話を聞くことができ、本当に有意義な時間を過ごさせていただきました。
 これから社会に出て、それぞれの道に進む私たちキャンパスアジア生の課題は、「伝える」ことです。今回、このようなフォーラムで代表3人の学生が自分たちの体験を話す機会を頂くことができたことは、大きな一歩であると考えます。これからも、自分たちの体験をどう人に「伝える」か、模索し続けていきたいと思います。

 長っ!!自分で見返して驚きました。
 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました~!^^


【フォーラムの様子】

 (プログラム紹介)
  

 (参加学生による体験談「キャンパスアジアで、何を学んだか」)
  

 (専門家による分析「徹底解剖!!キャンパスアジアでの学びとは」)
  
  
  

 (座談会「異文化・言語・国際教育の最先端
         ―キャンパスアジア、これまでとこれから」)
  

リーダーズフォーラム in 日本①

  • 2015年11月05日
  • 投稿者:立命館大パイロット学生 鎌倉冬梅
  • イベント
 みなさん、お久しぶりです。キャンパスアジア学生の鎌倉冬梅です。

 最近は昼夜の気温差が大きく、体調を崩されている方も多くいるのではないでしょうか?
 移動キャンパス中は9月から韓国学期だったため、よく考えてみるとこの時期日本に居るのは2年ぶりなのです!日本の秋を肌で感じることができるのは嬉しいですが、韓国の秋を感じることができないのは少し寂しいですね(笑)
 何はともあれ、冬の訪れを感じつつ、卒論の執筆に励んでいる次第でございます!

 さて、10月28日にリーダーズフォーラム 「日中韓キャンパスアジアでの学びとその可能性」が立命館大学で開催されました。フォーラムでは、廣澤先生によるキャンパスアジア・プログラムの紹介をはじめ、CAP学生の奥村一穂さん・山本すみれさん・吉積皓平くんによる体験談、北出慶子先生・堀江未来先生・安田裕子先生の3名による発表、登壇者全員によるパネルディスカッションの4部構成でプログラムを振り返りました。
 リーダーズフォーラムから1週間たった今でも、当日の場景を鮮明に思い出すことができます。今まで疑問に思っていたことが解決したり、キャンパスアジアがどれだけ素晴らしいプログラムなのかを再認識したり、プログラムは4年間で終わりではなく、卒業して社会人になった後が更に大事であることを認識したりと、短い時間ではありましたが、本当に実り多い時間を過ごすことができました。


 私はキャンパスアジア・プログラムに参加して、確実に人生が変わったと思っています。まさにターニングポイントだと思います。
 人生の夏休みと言われる大学生活のほとんどをキャンパスアジア学生と共にすごし、3か国語で熱く議論を交わしたり、語学の面でも助けたり助けられたりと、普通の学生なら経験できないようなことをたくさん経験し、人生で忘れられない時間を過ごすことができました。しかし、本当のキャンパスアジア・プログラムは4年で終わりません。この4年間で学んでことを社会に出た後も発揮できるように頑張っていきたいです。

 私の内定先は海外と関わる機会も少なく、語学を活かせる仕事ではありませんが、卒業した後も語学の学習を継続していくつもりです。10年後、20年後に日中韓の学生が集まって同窓会をした時に、お互いの話していることが理解出来なかったらとっても悲しいじゃないですか(笑)
 今後、キャンパスアジア・プログラムは恒常化され、たくさんの後輩ができると思います。私はプログラムの1期生として、後輩には私たちが経験してきたことを話したり、相談に乗ったり、できる限りのサポートをしていきたいと考えています。
 日中韓の3か国に対して関心がある人が増えることは、今後の東アジアにとってもきっといい結果をもたらすと思うので、もっともっとたくさんの優秀なCAP学生が育つことを期待したいです。  

 寒さが厳しくなる季節になってきましたので、皆様お身体に気を付けてお過ごしください。

【OB・OG会】韓国OB・OG会発足から「日韓中共同OB・OG会」へ!

※日本側OB・OG会の発足式や取組みの様子はコチラ

 先月6日、韓国・東西大学校で「日・韓・中連携講座」の韓国側OB・OG会発起式が行われました。2003年の第1期韓国側学生代表であった諸点淑氏(現・東西大学校日本学科教員)をはじめ、釜山在住のOB・OGが参加しました。日本側からは、代表団として田野智和氏(副幹事)と三野未樹氏(幹事代理)が参加し、中国側代表として鄧宇陽氏も参加しました。
 今回の会合では、今後の発展のために以下の内容が議論されました。

・「日・韓・中連携講座」共同OB・OG会を運営する。
・東西大学校に事務局を設置し、OB・OG会の運営を担当する。
・名簿の管理、情報の発信、OB・OG間の日常的な交流や情報交換のためにHP、ブログなどを開設する。
・「日・韓・中連携講座」の集中講義に合わせてOB・OG会の総会を開催し、各国代表団の参加を呼び掛ける。
     
 当日は、今年度の春季集中講義に参加している現役学生との交流会も行われ、70名を超える日中韓の学生がOB・OG会の今後の発展について楽しく話し合いました。
 2015年8月の夏季集中講義に合わせたOB・OG会総会で再会することを皆で約束する熱い夜でした!