担当教員からのメッセージ

立命館大学

庵逧由香

研究分野:朝鮮近現代史

Message

立命館大学のキャンパスアジア・プログラムでは、中国・韓国の言語・歴史・文化について、それぞれの現地で両方を学びます。これまでの「交換留学」では学べないグローバルな視野や、多彩な異文化適応・調整能力を身につけることができます。1回生から言語・演習などの特別講義も受講でき、とても密度の濃いプログラムです。アジアに関心を持つ高校生の皆さんに、ぜひ、積極的にトライしてもらいたいと思います。

廣澤裕介

研究分野:中国近世文学

Message

キャンパスアジアで学ぶと、みなさんの将来は…大学時代を一緒に過ごした仲間・親友・先輩・後輩・先生が中国・韓国にたくさんいることになります。仕事や遊びで韓国や中国にゆくと、いつも彼らが『また来たのかよ~!』と待っててくれるし、彼らが日本に来たときには『また来たのかよ~!』と返し、キャンパスアジアで学んでいたときの失敗談や後日談、バカ話で盛りあがるはず。学生時代の学習・生活・友情・経験を活かすことで、生活が信じられないほどに国際的になり、信じられないほど多くのさまざまな人々と繋がる人生になる…んじゃないかな?これが妄想ではなく、現実になるというプログラムです。

金津日出美

研究分野:日本近代史、東アジア文化交流史

Message

乾杯! 干杯!건배! ―― 似てはいても少しずつどこか異なる、異なってはいるもののどこか似ている日中韓。キャンパスアジア・プログラムは、そんな日中韓の言語や歴史・文化のダイナミズムを学びます。何が違って何が同じなのか、なぜそう考えるのか/考えないのか――。他者や異文化を知り、理解し、想像することは、同時に自分自身や自文化を知り、見つめなおすことになります。時には困惑し、怒り、落ち込むこともあるかもしれませんが、きっとそれ以上に笑い、共感し、分かち合える空間が広がるでしょう。東アジアをキャンパスに、境界を越えてつながってみませんか?

山本一

研究分野:中国近世・近代の行政制度、官僚制度史

Message

国際化=英語、そんな考えはもう過去のものになりつつあります。日中韓を飛び回るキャンパスアジア・プログラム。このプログラムの特徴は、2年間の留学と、現地のことを現地の言葉で学ぶことにあります。プログラム中には、他国の人との共感や摩擦、各国の政治による影響、留学中の恋愛などなど、さまざまなことが待ち受けているでしょう。そんな中に身を置き、三カ国語を駆使してしっかり考えることで、東アジアの人文学リーダーとして成長できます。ステレオタイプではない知識・発想・表現力は世界に通用する力です。東アジアを舞台に成長し、世界へ挑戦しませんか。

広東外貿外語大学

譚仁岸

研究分野:中日比較文学・思想史研究

Message

三ヶ国語をマスターした上に、広範な人文学の教養と専門的な知識を身につけて、東アジアないし全世界の架け橋になるように、CAPの学生には大きな期待が寄せられています。一緒に頑張っていきましょう。

遅皎潔

研究分野:言語学・日本語教育研究

Message

自国だけに起こった問題ではなく、東アジア全体へ意識を向けて、問題意識を育てながら、東アジア人文学の洗礼を受けましょう。

辛暨梅

研究分野:中日比較文学・文芸学

Message

学生の皆さんには、飛躍的な語学力の向上のみならず、東アジアに横たわる困難な問題を考察し、さらに国際的なフィールドで競争に関わっていくことを期待します。皆さんが世界を舞台に思う存分活躍していくことを願います。

岡沢成俊

研究分野:現代日本語の文法論

Message

二言語を同時に学ぶのは大変ですが、その分広い視野が持てます。言語面であれば漢字音や文法の比較など、留学中に直面する三国の様々な文化の違いについて、「なぜ?」と探求する姿勢を持ち続けてほしいと思います。

東西大学校

小笹克行

研究分野:日本語教育

Message

キャンパスアジアの学生は、日中韓3つのキャンパスに通い、各国の授業を受け、三カ国の友人や先輩・後輩、恩師を得ることになります。この環境を最大限に生かし、東アジア人文学リーダーとして羽ばたいてください。

諸点淑

研究分野:韓日近代史

Message

国境なきキャンパスで皆さんが味わう喜び、悲しみ、葛藤、協力といった体験が、日中韓の葛藤の解消と疎通に寄与する礎となり、東アジア人文学リーダーへの出発点になるでしょう。皆さんの輝かしい歩みを応援します。

鄭妵姸

研究分野:現代中国語文法

Message

中国語教育を担当する鄭妵姸です。キャンパスアジアは日中韓三カ国の言語と人文学的素養を基に、東アジアを越え、世界と疎通できる人材を養成しています。進取的で躍動的な学生たちの積極的な参加を期待しています。