センター長挨拶

立命館大学
キャリア教育センター長
情報理工学部教授
高田 秀志(たかだ ひでゆき)

立命館大学キャリア教育センターの歩みは、1998年の全学インターンシップ教育推進委員会の設置に始まり、インターンシップ教学委員会(2003~2006年度)、キャリア教育推進委員会(2007年度)を経て、2008年度に設置された共通教育推進機構の下にキャリア教育センターを開設し、今日に至っています。インターンシップ教学を中核に発展してきた本センターでは、キャリア発達段階に応じた理論(全学型キャリア教育科目)と実践(全学インターンシップ科目、コーオプ教育科目)の両輪で立命館大学独自のキャリア教育を展開して参りました。

2012年度教養教育改革において、「近年の学生実態や学士課程教育に対する社会的要請に鑑みて、教養教育においても他者と共生・協働するための『人間力』や社会で通用する『市民力の涵養』、あるいは『汎用的スキル』(問題発見・解決能力、自己発見・自己認識力、コミュニケーション力)の獲得を目指すべき教育目標として位置づけることを再確認」し、この新たな教育目標を全学共通・教養教育分野で実現するため、「教養科目C群」(社会で学ぶ自己形成科目)を新たに設置いたしました。この「教養科目C群」には、本センターが主管する既存の全学インターンシップ科目、全学型キャリア教育科目、コーオプ教育科目をサービスラーニング科目とともに再配置することで、他者および社会(企業・社会団体・地域社会)との連携・協働・相互理解を通じて、市民としての倫理観・正義感・社会的責任感(シチズンシップ)の涵養を目指して参ります。

また、2012年にはキャリア教育センターのミッション(基本理念)を定め、学部・研究科の人材育成目的の実現に寄与するとともに、正課のキャリア教育にかかわる課題解決の支援を行っていくという方針をあらためて示しました。

今後もキャリア教育センターは、独自のキャリア教育を追究するとともに、共通教育推進機構を構成する他のセンターとも協働して、各学部・研究科における人材育成目的の実現に寄与して参ります。