2011年度以前入学生向け

全学で実施する「キャリア教育科目」、「インターンシップ関連科目」

科目名・単位数・配当回生

科目名 単位数 配当回生
キャリア形成論Ⅰ 2 1回生以上
キャリア形成論Ⅱ 2 2回生以上
国内インターンシップ
海外インターンシップ
2 2回生以上
コーオプ演習 2 3回生以上
コーオプ教育概論 2 3回生以上

科目概要

キャリア形成論Ⅰ ~科学でとらえる自己~ 
本講義は、大学での学びの導入期にあたる入学直後の1回生前期に、科学的視座による自己理解を目指します。講義を通じて総合大学ならではの多面的な科学分野からの自己理解を学ぶとともに、これから始まる大学における学びを展望し、充実した学びの目標設定を行います。
2017シラバスHPへ
キャリア形成論Ⅱ ~仕事と科学~
本講義は、仕事を統一テーマに、職業人生(仕事)の科学的な認識を目指します。働くことは人生にとって何を意味し、また人生をどのように変えうるのか。働くこと(仕事)を科学的に認識することで、進路・就職を含めたキャリアを形成する基礎力を養います。幅広い仕事の領域で活躍する人材を学外から招聘し、働くこと(仕事)の広がりを講義を通じて体感する内容となっています。
2017シラバスHPへ
国内インターンシップ・海外インターンシップ
インターンシップとは、学生が在学中に、自らの専攻や将来のキャリアに関連した「企業や自治体や学校などの現場」で実際の業務を行う教育プログラムです。インターンシップを通じて自らの専門分野を深め、実践的な能力が修得できるとともに、自己理解を深め、職業の実像をつかみながら、将来の進路選択として確かな職業観を身に付けることを目指します。
2017シラバスHPへ
受講にあたっての注意点

※「インターンシップ・ガイドブック」を確認してください。

コーオプ演習
インターンシップの発展型学習プログラム、それが「コーオプ教育(Cooperative Education)」です。原則として、企業から提示される現実の課題に対し、大学院生と学部生の混成チームが「専攻学問」をベースに、約6ヶ月の長期に渡り課題解決や提案に取り組む、実践的な学習プログラムです。課題解決や提案にはチームメンバー各々の専攻学問をもとにあたりますので、所属する学部教学の再検証、ひいては専攻学問の応用力育成につながります。また、大学院生がリーダーシップを発揮しチーム運営にあたりますので、レベルの高い学習活動が展開されます。
2017シラバスHPへ
受講にあたっての注意点

※「コーオプ教育ガイドブック」を確認してください。

コーオプ教育概論
本講義は、学生のキャリア発達段階に応じ開講するキャリア形成論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの最終段階として、理論と実践の反復学習を基本とする発展型インターンシップ、コーオプ教育について学び実践します。コーオプ演習を補完する役割も持たせ、理論(座学)と実践(グループワーク)を通じて問題発見・課題解決に必要な実践的能力の習得を目指します。
受講登録画面へ
2017シラバスHPへ