学びのゾーン

映像分野の総合力を身につけるため、学科やコースを設けていませんので、自身の興味・関心に応じて、柔軟に履修することができます。
一方で、将来の進路目標に応じて専門領域を系統的に学べるよう、ガイド的な役割として、専門科目を4つのゾーンに分類して配置しています。目指す分野のゾーンでの履修に重点を置きながら、4つのゾーンを総合的に学び、幅広い視野と知識・技術を修得していきます。

※4つのゾーンは2015年度入学生以降に適用される内容です。

4つの学びのゾーン

※下記は2015年度入学生以降に適用される内容です。

映像文化

映像文化の歴史的、芸術的、社会的諸問題に関して総合的な研究と制作を実践するゾーン。
映像の生成プロセスや表現手法を理解し、あらたな映像表現の可能性について模索しながら、映像文化に関する総合的な視点と調査手法を習得します。

映像マネジメント

社会還元や国際貢献を視野に入れた営利・非営利を横断する映像メディア産業に関する総合的な研究と制作を実践するゾーン。
映像ビジネスに関する総合的知識と、映像を通じて地域や社会との有機的な関係を創造することを目的とした企画を開発し、実行する力を習得します。

リニア映像

自らの制作意図を適切な表現技法と技術を用いて、実写映像およびCGアニメーションの作品を制作するゾーン。
作品制作に必要な表現技法を軸として、機材やソフトウェアの技術と技法、表現主題を見つけ出す感性と知識、ならびに的確な媒体を選びとる能力を習得します。

インタラクティブ映像

インタラクティブ映像やメディアの研究と制作に関わる企画から発信まで実践するゾーン。
デジタルとアナログの粋を越えた思考法や技法と、感覚やデザイン、ソフトウェアとハードウェアの総合的な知識と、それらを活用する開発と表現のスキルを習得します。