オンラインで開催決定!

2020年度「JUN×CAREE」(EIZOJUNCTION×キャリアフェア)は、オンラインで開催します!
基調講演に小谷⽒をお迎えし、JUNCTION企画は31の学⽣発表、キャリア企画は6⼈の講師による講演、クロージングセッションと基調講演!
キャリア企画、クロージングセッションはライブ配信、学⽣発表はYouTubeの特設チャンネルからVOD配信します。
初のオンライン開催ですが、ご参加の皆さまと共に創り、チャレンジする新しい「JUN×CAREE」スタイルをお楽しみください。

JUNEIZO JUNCTION×CAREEキャリアフェア」とは

「JUN×CAREE」は、立命館大学映像学部生・研究科生の作品制作・研究の成果を学内外の方々に向けて発表する場です。
さらにここでは、企業関係者や現場で活躍されているクリエイターの方々をお招きし、
学部生・院生との交流をとおして、作品制作・研究活動への意欲やキャリア意識の向上を促す、
映像学部・研究科ならではの一大イベントです。
企画の柱としては、基調講演、企業関係者やクリエイターの方々によるキャリア企画(仕事人講演)、
学生による発表・展示(作品上映、各種プレゼンテーション、ゲーム・VR・メディアアートなど)
そして、講演者と参加者が交流するクロージングセッションです。

「JUN×CAREE」(EIZO JUNCTION×キャリアフェア)
企画趣旨

映像学部では、多様化する映像に対して、芸術(アート)的、経済(ビジネス)的、工学(テクノロジー)的な要素を備える様々な科目を通じて「理論」と「実践」の往還的な学習を行い、映像を用いた社会課題の解決とその基盤となる多様な価値の創造を追求してく「プロデューサー・マインド」を育成するためのカリキュラムを編成・実施しています。一方、学際的な学部であるため、就職活動の際に「映像学部ってどんな学部ですか?」「映像学部で学ぶとどんな能力が身につくのですか?」というような質問を受ける場面が多いと聞きます。
そこで、2013年度より、研究成果やゼミの取り組み発表の場であった「EIZO JUNCTON」(2009年度〜)と企業研究企画であった「キャリアフェア」(2012年度〜)を融合させ、「映像学部生発信」・「仕事人研究」・「つながる」をコンセプトに、映像学部の「今」を外に発信しながら、企業や学外の方々とつながることで「働くこと」についても考えていくことのできる企画として実施しています。
ここでは、映像学部生の「今まで」と「これから」を、発表(上映・プレゼン・展示)を通じて多くの方に「発信」するとともに、社会で活躍されている方の現在に至るまでのストーリーを知ることで映像学部生に自身のキャリア形成について考えてもらい、参加者が意見交換や情報共有ができるような場にしていきたいと考えています。

映像学会学生委員会委員長からの
ご挨拶

本日はご来場いただき、誠にありがとうございます。立命館大学映像学会は、これまで、映像学部生・研究科生の作品制作や研究の発展を促し、その活動を外部の方に見ていただく機会として、「EIZO JUNCTION×キャリアフェア」(通称:ジャンキャリ)を開催してきました。今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大への対処ということもあり、オンライン上で行います。

年初から始まった新型コロナウイルスの感染拡大は、社会全体に大きな影響を与えています。エンターテインメント業界も様々な影響を受けていますが、こうした事態だからこそエンターテインメント業界は、人々を勇気づける原動力になる業界であるはずです。
オンラインで行うことで、戸惑う部分もあるとは思いますが、各企画を参加者の皆さんとともに創り上げ、映像業界の新たな可能性を共に探していけるようなイベントになれば良いなと願っています。共に楽しみましょう!どうか、よろしくお願いいたします。

遵守・同意していただくこと /
参加方法など

※参加に際して必ずお読みください。

開会式

本⽇はご来場(ご参加)いただき、誠にありがとうございます。
「EIZO JUNCTION×キャリアフェア」開会式を発信します。

開会式

10:00-10:15

基調講演・キャリア企画(仕事人講演)
クロージングセッション

映像業界で活躍する方々による、基調講演、キャリア企画、クロージングセッションを開催します。
基調講演は講師の目線で、映像業界の現状と将来について語っていただき、
キャリア企画は仕事人講演として、個人のキャリアにスポットをあてて語っていただきます。
クロージングセッションは仕事人講演をしていただいた方々に、
学生発表への講評と、来場者(参加者・視聴者)との交流をしていたく企画となります。楽しんでください。

ワンポイント

  • 1・2回生は興味のある業界に加えて、今まで知らなかった業界の方のお話を聞いて映像業界に対する視野を広げよう!
  • 3回生以上は志望業界の理解を深めるために、「実際に自分が働く」という視点でお話を聞いてみよう!

11:20 - 12:05

キャリア企画(仕事人企画)〈午前の部〉

3DCGアーティスト

小川 晃(映像学部OBOG)

11:20 - 12:05

キャリア企画(仕事人企画)〈午前の部〉

株式会社KADOKAWA
アニメ事業局 イベント部 イベント企画課

古橋 彩帆 (映像学部OBOG)

11:20 - 12:05

キャリア企画(仕事人企画)〈午前の部〉

株式会社 電通

13:00-14:00

基調講演

株式会社クレッセント
代表取締役社長

小谷 創

14:45 - 15:30

キャリア企画(仕事人企画)〈午後の部〉

株式会社カヤック
クライアントワーク 事業部 ディレクター

平野 俊介

14:45 - 15:30

キャリア企画(仕事人企画)〈午後の部〉

松竹 株式会社
映画営業部 関東営業室

古寺 綾香 (映像学部OBOG)

14:45 - 15:30

キャリア企画(仕事人企画)〈午後の部〉

株式会社プロダクション・アイジー
脚本家・演出家・小説家/企画室 室長

藤咲 淳一

17:00-18:00

クロージングセッション

キャリア企画で講演していただいたゲストの方々、
発表者、参加者の皆さんが、3つのプログラムで交流する機会です。

参加方法・注意事項

  • 基調講演
  • キャリア企画(仕事人企画)
  • クロージングセッション

ZOOMで配信します。

画像のをクリックすると視聴開始です。視聴する際は、通信環境の安定度を高めるために、ビデオオフ、マイクオフとしてください。
各企画とも開始時間の10分前から入室可能となります。

学生発表

映像学部⽣、映像研究科生が作品制作や研究活動を発表します。お楽しみください。
また、来場者(参加者・視聴者)皆さんには発表への評価をお願いします。
皆さんから評価していただくことで、今後の学修活動をより精力的なものにしてまいりたいと考えています。
評価の高かった作品は表彰します。是非、「上映」「プレゼン」「展示」の分野ごとに評価シートで評価してください。
また、各配信画像のコメント欄にもメッセージをお送りください。
※ジャンキャリ全体についてのアンケート、発表者が配信映像の中で独自に評価をお願いしているアンケートについてもご協力をお願いします。

展示時間 10:00-18:00

(視聴推奨時間 10:15-11:20 14:00-15:45 16:30-17:00)

  • 上映
  • プレゼン
  • 展示

CATEGORY #上映

出展者
高島 実来 (3回⽣)
所属
ライオンズゼミ
カテゴリー
アニメーション
タイトル
『シャボン』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #上映

出展者
岡田 薫 (2回⽣)
カテゴリー
MV
タイトル
『ワンダーランド』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #上映

出展者
金 重黎 (2回⽣)
グループ名
ちゃんきんの畑
カテゴリー
ドラマ
タイトル
『Snow Man』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #実験映像

出展者
山崎 真子(3回⽣)
所属
ライオンズゼミ
カテゴリー
その他(実験映像)
タイトル
『焦燥について』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #上映

出展者
三宅 樹子 (3回⽣)
所属
実写制作ゼミ
カテゴリー
アニメーション
タイトル
『この星の HIKARI』
時間
3分

動画を見る

CATEGORY #上映

出展者
藤崎 春香 (3回⽣)
所属
ライオンズゼミ
カテゴリー
アニメーション
タイトル
『モーショングラフィックス』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #上映

出展者
正木 茜 (3回⽣)
所属
ライオンズゼミ
カテゴリー
MV
タイトル
『(ハウル(MV)──色調の違いによる視聴者の視覚的印象の変化』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #上映

出展者
山本 隼士 (3回⽣)
所属
ライオンズゼミ
カテゴリー
MV
タイトル
『stream』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
池田 創 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
3DCG
タイトル
『3DCG メイキング』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
北野 弘樹 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CG
タイトル
『CG 制作の成果発表』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
五十嵐 愛美(3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CG
タイトル
『3DCGにおける印象的なライティング』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
荒深 萌奈 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CG
タイトル
『2Dデザイン的観点からみる3D CGキャラクターアニメーション』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
高橋 遥 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CG
タイトル
『キャラクターにおけるメイクと配色』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
百瀬 悠真 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CG
タイトル
『聖地巡礼』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
森脇 里奈 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CG
タイトル
『MAYAアニメーションを解剖してみた』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
早瀬 純哉 (3回⽣)
所属
CGアニメーション・ゼミ
カテゴリー
CGアニメ
タイトル
『ゼミ課題進捗発表』
時間
15分

動画を見る

CATEGORY #プレゼン

出展者
長沼 勝大 (2回⽣)
カテゴリー
その他(実写映像作品の撮影ワークフローについて)
タイトル
『学生においてのポスプロを考えた実写映像撮影におけるワークフローについて』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
大久保 志織 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『ふれあいぺんぎん』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
杉本 周 (2回⽣)
所属
stationΛ
カテゴリー
ゲーム
タイトル
『Past Life』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
成本 晋太朗 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『ヒトキリズム』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
後藤 成 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『ハナサカダイス』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
北山 玲奈 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『空の移ろい』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
熊野 隼士 (3回⽣)
所属
ゲームゼミ(09ゼミ)
カテゴリー
ゲーム
タイトル
『Mr.Men』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
水野 徳力 (3回⽣)
所属
ゲームゼミ(09ゼミ)
カテゴリー
ゲーム
タイトル
『RicoChet』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
池田 里緒 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『Feeling Box』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
森永 耕介 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『箱の中身』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
武村 祥太郎 (3回⽣)
所属
ライオンズゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『Gaze』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
小宮 至晴 (3回⽣)
所属
MoonWalkers
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『ギュギュッと どこでもかれし』
時間
5分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
渡邊 紗也 (3回⽣)
所属
望月ゼミ
カテゴリー
メディア・アート
タイトル
『密になりたい』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
西田 次郎 (4回⽣)
所属
ゲームゼミ(09ゼミ)
カテゴリー
ゲーム
タイトル
『Deja Vu Controller ~なんかみたことある~』
時間
10分

動画を見る

CATEGORY #展示

出展者
武井 亮祐 (3回⽣)
所属
ゲームゼミ(09ゼミ)
カテゴリー
ゲーム
タイトル
『Roll, Move and Fire』
時間
20分

動画を見る

遵守・同意していただくこと /
参加方法など

1、遵守・同意していただくこと

EIZO JUNCTION×キャリアフェア2020にご参加(ご視聴)いただくにあたり、以下の事柄について、遵守・同意していただくことが必要です。よろしくお願いいたします。
※ご参加・ご視聴いただいたことで、結果として各事項について遵守・同意いただいたこととなりますのでよろしくお願いいたします。

  • ① ご参加者(ご視聴者)による各企画の録画、録音、ダウンロードは禁止します。ご参加者(ご視聴者)が、開会式、基調講演、企業講演(キャリア企画:仕事人研究)、クロージングセッション、学生発表(上映、プレゼン、展示)を録画、録音、ダウンロードすることは出来ません。
  • ② 特設ホームページに記載している画像、ページの画面をSNS等に掲載・投稿することは禁止します。
  • ③「参加方法:注意」にそってご参加(ご視聴)していただきます。開会式、基調講演、企業講演(キャリア企画:仕事人研究)、クロージングセッションはZoomでライブ配信します。
  • ④ 学生発表(上映、プレゼン、展示)の著作権は発表者に帰属しています。①の記載内容と併せて、著作権に関わる取り扱い事項を遵守してください。
  • ⑤開会式、基調講演、企業講演(キャリア企画:仕事人研究)、クロージングセッションは運営事務局がレコーディングし、レコーディングした映像を立命館大学映像学部生・映像研究科生向けに開示します
  • ※:Zoomのレコーディング機能との関係で、ご参加(ご視聴)される方の名称、画像、音声もレコーディングされる場合があります。その旨ご了承ください。
  • ※:映像学部生・研究科生に開示する企画は、企画終了後に講演者に許可が得られたものになります。

2、参加方法など

  1. 開会式、基調講演、キャリア企画(仕事人企画)、クロージングセッションZoomで配信します。画像の「▶」をクリックすると視聴開始です。視聴する際は、通信環境の安定度を高めるために、ビデオオフ、マイクオフとしてください。また、各企画に「参加方法・注意」が設定されている場合はそちらもお読みください。
  2. 学生発表「上映」「プレゼン」「展示」の3つの分野で、YouTubeの特設チャンネルのUPしたものからリンク配信します。また、後日、発表者の許可が得られたものを、You Tubeの映像学部動画専門チャンネル「EIZO CHANNEL」に公開という形でUPする予定です。画像の「▶」をクリックすると視聴開始です。

3、ご参加・ご視聴にあたってのご協力のお願い

(1) 学生発表への評価のお願い

  • ① 「上映」「プレゼン」「展示」の3つの分野ごとに設定している「評価(投票)シート」に作品への評価を記入して投票してください。「評価(投票)シート」の結果から作品を表彰します。
  • ② 発表作品個々に発表者がアンケートをお願いしている場合があります。これについても、ご協力をお願いします。
  • ③ YouTubeのコメント欄にも積極的にコメント入力をお願いします。

※発表者の今後の学修への取り組みをご支援いただく視点で、是非、ご協力、多くのコメントをお寄せいただけますようお願いいたします。

(2)「EIZO JUNCTION×キャリアフェア」全体へのアンケートへのご協力
今年度の「EIZO JUNCTION×キャリアフェア」全体へのアンケートにご協力をお願いします。

講演者プロフィール

小川 晃(おがわ あきら)

代表作:FF7REMAKE/ FF15 KINGSGLAIVE / MobiusFF/ 海外TVシリーズ複数など。
カナダのCGアニメーション/VFXスタジオを経て、SQUARE ENIX
現在はフリーランスとして活動しています。プリレンダーのほか リアルタイムレンダリングに利用する処理負荷を考慮した背景デザイン/ハードサーフェイス/CG制作を得意としています。立命館大学映像学部卒。
ポートフォリオ:https://akiraogawa.com/

講演者プロフィール

古橋 彩帆(ふるはし さほ)

2016年入社。2016年4月~2020年3月:営業事業局所属。書籍のマーケティング業務に携わる。語学書や「コウペンちゃん」「天気の子美術画集」「強者の流儀」等を担当。2020年4月~現在:アニメ事業局イベント部イベント企画課所属。朗読劇や音楽ライブの企画を担当。直近では朗読劇「文豪、そして殺人鬼」「EJ ANIME MUSIC FESTIVAL」等を担当。在学中は冨田美香ゼミにて、時代劇を研究。映像制作自主ゼミ、映像学部自治体に所属。学芸員課程修了。

講演者プロフィール

「広告会社において、映像がどのように使われて、どんな役目を果たしているのか、広告領域にとどまらず、新しいビジネス領域についてもエピソードを交えてお話しします。」

講演者プロフィール

平野 俊介(ひらの しゅんすけ)

2014年6月に面白法人KAYACに入社。 シュールな「笑い」を軸にしたWEBムービーが得意な一方、NHKの原発コンテンツにメインで携わるなどシリアストーンも得意。
直近の受賞歴は、ACC2019 フィルム部門ゴールド、ショートショート映画祭2019 BRANDED SHORTS部門ファイナリストなど。代表作は、KIRIN「SPECIAL STUDENT」中小機構「今日、部下が会社を辞める」「社畜ミュージアム」など。

講演者プロフィール

古寺 綾香(こてら あやか)

2007年立命館慶祥高等学校卒業、2011年立命館大学映像学部卒業。2011年4月、松竹入社。
関西支社映画宣伝課に配属。関西での映画宣伝業務に3年従事。
2014年7月に映画宣伝部パブリシティ室で「家族はつらいよ」(16年/山田洋次監督)の制作宣伝を経験し、松竹配給作品のパブリシティ業務および宣伝プロデューサー補を経て2018年11月より映画営業部関東営業室で松竹配給作品のセールス(劇場営業担当)を務める。
https://www.shochiku.co.jp/cinema/lineup/

講演者プロフィール

藤咲 淳一(ふじさく じゅんいち)

プロダクション I.G所属
1967年8月6日生。茨城県ひたちなか市出身。
脚本、絵コンテ、監督などマルチに活躍。小説執筆も手掛ける。
専修大学兼任講師、 デジタルハリウッド大学非常勤講師も務める。
脚本として参加するアニメ『ポケットモンスター』がテレビ東京系にて放送中。

[参加作品]
『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ(脚本)
『BLOOD+』(監督・シリーズ構成・演出・脚本)
『獣の奏者 エリン』(シリーズ構成・脚本)
『ダイヤのA』(脚本)
ほか多数

講演者プロフィール

小谷 創(こたに はじめ)

東京都杉並区出身。立教大学経済学部を卒業後、ボストン大学経営修士を経て、伊藤忠商事に入社。海外の映像ソフト、ハードウェア専門商社として、1999年に株式会社クレッセントを設立。その後HMD(ヘッドマウントディスプレイ)、VRソフトウェア、Viconなどモーションキャプチャ製品の開発・販売や、モーションキャプチャデジタルスタジオサービスを展開し、現在クレッセント社のモーションキャプチャ技術はハリウッドやゲーム製作会社、VTuber業界など幅広い映像業界で活躍している。

テーマ:『現在当社が取り組むVolumetricsの現状と、そこから見える学生に求められる技術とは』

プログラム・参加方法

3つのプログラムは、Zoomミーテイングのメインセッションとブレイクアウトセッション(ブレイクアウトルーム)を使って行います。

①全体セッション(メインセッション)17:00~17:10

キャリア企画で講演していただいたゲストから学生発表全体に対してコメントを頂きます。メインセッションで行います。

②ゲストの方々との交流(ブレイクアウトセッション)17:10~17:35

ゲストの方々がブレイクアウトルームに分かれて、そこに参加者の皆さんが訪問して自由に交流するプログラムです。参加者の皆さんは一旦、ウエイティングルームに入っていただいた後にご自身で各ルームに移動していただくことになります。
参加者の皆さんは共同ホストになっていただきますので、各ルームの移動は自由です。

※ルームから退出された場合は、もう一度主催者の方で、共同ホスト設定を行い、ウエイティングルームに入っていただく手順を踏むことになります。

※セッションから退出された場合は、最初の手続きから再度行っていただくことになります。

③学生発表者との交流(ブレイクアウトセッション)17:35~17:55

学生発表者が発表のカテゴリー別にブレイクアウトルームに分かれて、そこに参加者の皆さんが訪問して自由に交流するプログラムです。参加者の皆さんは「②」のプログラムに続いて、自由に各ルームに移動していただくことになります。

④閉会 17:55~18:00

ゲストの方々、学生発表者、参加者の方々はルームから退出していただき、メインルームに戻っていただきます。