EIZOVOICE

自主制作チーム”Luma”から受賞報告です!!

2019.10.15

あのLumaがまたも受賞です!!

以前このEIZO VOICEでご紹介した自主制作チーム『Luma』(バックナンバーこちら)。監督やプロデューサーを主に務める坂井 廉さん中村ゼミ)、ディレクターを主に務める谷口和輝さんゲームゼミ)、編集を主に務める吉田幹生さんCGゼミ)のミニマムかつスマートな3人組。それぞれに異なる分野で活躍する3人が、自分たちの特性や専門知識を融合させながら、CMや短編映像制作を通じて、世の中に強くて新しいインパクトを残していくという姿勢がキラキラと眩しく、次はどんなものを見せてくれるのかなとワクワクしました。

そんなLumaから受賞報告が2つありました!以下その2つをご紹介します。

★I Love Travel 2019ビデオコンテスト 日本人ユーザー特別賞★
このコンテストは、デジタルマルチメディア分野の世界的リーダーであるCyberLink社が、心をリフレッシュさせたり、知らない土地で見知らぬ出来事に出会ったり、また視野を広げてくれたりする楽しみがある「旅行」をテーマに、世界中から動画作品を募り、賞を与えるものです。
Lumaはこのコンテストで「日本人ユーザー特別賞」を受賞されました!


外国人旅行者がイメージする日本を意識しながらも、女子旅の楽しさやどこか懐かしい旅先の思い出など日本人が見ても楽しめる動画になっています!本作には、Lumaの3人のほかにも、3回生や1回生の強力な助っ人和田奈那美さん、槌田彩乃さん、長沼勝大さん)が関わってくれているそうです。

受賞おめでとうございます!

信濃毎日新聞社が主催する「新聞」の良さや楽しさ、活用方法を伝えるPR動画を募集するコンペ。15秒と30秒2つの部門があり、Lumaはそのどちらにも応募、いずれも受賞されました!テイストがまったく異なる2作品がLumaの特徴をよく表しています!ここでも1回生の強力な助っ人武田尚登さん、玉木衣緒梨さん)が制作に関わっています。

【15秒部門・特別賞】

情報社会の波に乗れ

【30秒部門・特別賞】

live information

しんまい動画コンクールについては、先日開催された受賞式の時の写真もいただきました。

20191015_2

20191015_1

先日クリエイティブ・リーダーシップ・セミナー(CLS)のレポート(バックナンバーこちら)でも講師の方がおっしゃっていたことを思い出しました。
作品は世の中に出て、人に見てもらってどんな反応が返ってくるかでその評価が決まります。他人の目に晒して、そこでたくさんの意見や批評をもらい、それをまた次の仕事につなげていくことの繰り返し、それがクリエイターなのです。」

まさにLumaは他人の目に晒して晒してどんどん次の仕事につなげ、力をつけています。きっと受賞以上にこの経験の積み重ねが彼らの財産になっていくと思います!

Lumaの皆さん、これからも頑張ってください!

一覧へ