よくある質問

質問:障害学生支援室って何ですか?
答え:障害のある学生に対して支援を行う部署で、衣笠キャンパスは学而館1階、びわこ・くさつキャンパス(BKC)はアドセミナリオ1階、大阪いばらきキャンパスはA棟1階にあります。障害学生支援コーディネーターが在籍しています。
質問:障害学生支援室は、どんな人が利用できますか?
支援対象は、次の①から③すべての条件を満たす方とします。①修学に著しい制限が生じている障害学生②本人が支援を受けることを希望し、かつ、その必要性が本大学に認められた障害学生(病気や怪我等により、一時的に障害を負った学生も含む)。
質問:障害学生支援室の窓口はいつ開いていますか?
答え:開室時間は、開講期間中と閉講期間中とで異なります。開講期間中は10時から17時まで、閉講期間中は13時から17時までとなっています。なお、原則平日のみ開室をしており、土日祝日と大学の一斉休暇期間中(大学が定める休業日。お盆や年末年始など)は閉室しています。
質問:障害学生支援室に相談をしたい場合は、予約などは必要でしょうか?
答え:障害学生支援室には、障害学生支援コーディネーターが常駐しており、障害学生支援に関する相談にいつでも対応しています。ただし、面談や研修等で席を外すこともありますので、直接窓口にお越しの際は事前にご連絡を頂けると確実です。また、授業や試験などの相談については各学部・研究科事務室でも対応します。
質問:どんな支援を受けることができますか?
答え:正課授業を受ける上で必要となる事項の支援をしています。くわしくはこちらのページをご覧ください。
質問:支援機器を借りることはできますか?
答え:本学学生の学内での使用に対し貸出し可能です。お気軽にご相談ください。
質問:障害のある学生への入試配慮はありますか?
答え:あります。くわしくは入学センターまでお問い合わせください。
質問:学生サポートスタッフとして活動するにはどうしたらいいですか?
答え:スタッフは常時募集しています。支援室へお気軽にお問い合わせください。
くわしくはこちらのページをご覧ください。