よくあるご質問

エクステンションセンター

エクステンションセンターに関する学生のみなさんからの様々な疑問・質問にお答えします。

講座を見学することができますか?

エクステンションセンターでは、受講生が授業に集中できる環境整備を徹底しています。講座の詳細を知りたい学生のみなさんのために事前にガイダンスを開催していますので、そちらをご利用ください。

講座ガイダンスに参加できないのですが…

詳細は募集要項に記載しています。不明な点や質問事項がありましたら、窓口にお問い合わせください。動画配信を行う場合もあります。

講座の内容と関連性が薄い学部でも受講できますか?

エクステンションセンターの講座では、いずれも入門から系統的に学習していきますので、安心してください。

講座スタート後、途中からの申込はできますか?

講座によって取扱が異なりますので、窓口で確認してください。

どの講座を受講するか迷っているのですが…

エクステンションセンターの窓口では相談も受け付けていますので、まずは窓口で一緒に進路について考えてみましょう。

正課授業やサークル、アルバイトと両立できるか不安です。

まずは正課授業を優先し、両立できるよう、予め計画を立てて学習しましょう。試験対策の講座は長期間にわたりますので、スケジューリングが大切です。

公務員講座

公務員試験は併願ができますか?

公務員試験は、職種や自治体によって試験日程が異なり、日程が違っていれば併願することが可能です。自分が受験する試験の詳細については、事前にホームページなどで調べておきましょう。

民間企業への就職活動との併願はできますか?

民間の企業との併願についても可能です。試験勉強とのかかわりで、民間のみで就職活動する場合と同じようにとはいきませんが、官民それぞれの役割や立場を理解する意味でも併願を推奨しています。ただし、事前にスケジュール管理などはしっかり行いましょう。

いつ頃から筆記試験対策の勉強を始めるべきですか?

本格的に勉強がスタートするのは3回生の春からになりますが、国家公務員総合職を目指す方を対象とするコースについては、1~3回生のどの段階からでも学習できるようなコースを設けています。1年間で本格的に学習をしたい方は3回生から、早期に学習を開始し、高校までに学んできたことを定着させたい方は1回生・2回生時に徐々に学習を開始するなど、皆さんの学生生活の過ごし方に合わせて学習を始めてください。

大学の授業や課外活動と試験勉強は両立できますか?

エクステンションセンターの公務員講座は正課授業の時間割や定期試験など、大学のスケジュールに配慮して開講し、皆さんの学生生活と両立可能な形で講座を提供しています。また、講座欠席時のフォローも充実させていますので、大学の授業や課外活動と十分両立が可能です。

国際的に活躍できる仕事に関わりたいのですが…

公務員と聞くと国内で働くようなイメージを抱きやすいですが、必ずしも国内限定の仕事というわけではありません。国家公務員総合職では、外務省以外の省庁でも海外勤務や海外との関係の中でグローバルに活躍できますし、地方公務員の中でも海外と関わりながら働く機会が増えてきていますので、国際的に活躍するフィールドが広がっているといえます。

どこを受験するか迷っているのですが、どのように情報を集めたらいいですか?

公務員試験の種類など概要を自身で収集するためには、まず公務員受験のための情報誌やエクステンションセンター配布の冊子(Voice)、関心がある省庁・自治体のホームページなどを見てください。また、エクステンションセンターでは講座のガイダンスやOBOG懇談会、各省庁・自治体の説明会なども実施していますので、積極的に参加して情報収集を行ってください。

経済的な負担を抑えて勉強したいのですが。

エクステンションセンターでは、奨励・奨学金制度を用意しています。国家公務員総合職と外務省専門職を目指す学生については、公務員講座の受講料を免除する奨学生制度があります。また、難関区分の試験に合格・内定した学生に奨学金を支給する制度がありますので、経済的負担を軽減することが可能です。

なぜこんなにたくさん勉強しなければいけないの?

社会で働くにあたって、幅広い教養や知識は物事を判断するためのバックグラウンドとして重要な要素となります。特に行政に関わる公務員は幅広い分野の業務に携わるとともに、特定の利益や視点にとらわれずに広い視野で物事を考える必要があるため、受験勉強も含めて大学生活で学習してきたことが将来に活きてきます。