ニュース

【SSH】 第13回「科学教育の国際化を考えるシンポジウム」のご案内(教育関係者の皆様へ)

2021.12.23

 立命館高等学校では、今年度第5期スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けています。2002年から20年間の研究開発の取り組みを積み重ね、これまでより「科学教育の国際化を考えるシンポジウム」を開催し、本校での取り組みに関して、教育に携わる多くの皆さまと議論を行い、多くのご指導をいただいてまいりました。
13回目となる今回のシンポジウムは「新しい国際科学教育の到来~オンラインを活用した科学交流~」をテーマとし、2月4日(金)に開催いたします。
新型コロナ感染症は学校教育にも様々な影響をもたらしました。中でも海外研修は世界的に完全にストップしてしまう状態となっています。しかしながら、国際交流が停滞したかというと、むしろ、形態を変えて活発に行われていると考えられます。本校におきましても、オンラインを活用した国際科学教育が大きく進展してきました。
アフター・コロナの社会を見据え、皆さまの学校でのご経験等を持ち寄り、「新しい国際科学教育の到来」に学校や教員がどのように向き合うべきかを一緒に考えてみたいと思います。お忙しい中とは存じますが、多くの皆さまのご参加をお願い申し上げます。
  お申し込みはこちらから https://forms.gle/1ebtsNxqEUwnCKH27(1月31日締切)

第13回「科学教育の国際化を考えるシンポジウム」のご案内
news_211223_1