ニュース

中原中也 生誕110年記念「中也が学んだ立命館中学 大正期の自由教育」展のお知らせ

2017.06.06

 今年は、詩人・中原中也生誕110年になります。中也は1907(明治40)年に生まれ、明治・大正・昭和の異なる時代を生き、30年という短い生涯を駆けぬけたのでした。

 その短すぎる人生のなか、初めて親元を離れて京都の立命館中学(これが当時の正式校名)で過ごした16歳からの2年間は、彼の詩人としての人生に大きな影響を与えた時間でした。

 残念ながら、彼の立命館中学時代の資料はほとんど発見されていませんが、大正時代の立命館中学が目指した教育目標や生徒たちの活動の様子を知ることで、中原中也をより身近に感じとってもらえるのではないでしょうか。

 立命館 史資料センターでは、今回、山口県の中原中也記念館と協力しながら、立命館大学衣笠キャンパスの平井嘉一郎記念図書館1Fギャラリーで表記の展示を企画しました。

 今秋には長岡京キャンパスで続編の展示も計画しています。また、追ってご案内させていただきます。


 期間は、612()77()

 場所は、立命館大学 衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館 1階ギャラリー

 

詳しくは、以下のURLをご参照ください。

   http://www.ritsumei.ac.jp/archives/column/article.html/?id=131

 

 

衣笠キャンパスを訪れる機会のある際や、お近くにお寄りの際は、ぜひご見学にお寄りください。