ニュース

2018年度立命館中学校・高等学校 公開授業研究会を実施

2018.06.20

2018年度 立命館中学校・高等学校 公開授業研究会を実施

 6月20日(水)、本校にて、2018年度 公開授業研究会を実施しました。

 この取り組みは、学内・学外の先生方に立命館中学校・高等学校の授業を公開し、忌憚ないご意見を伺うことで、日頃の授業を見つめ直し、先生方の「授業力向上」を教職員全体で目指すものです。

 今回の公開授業研究会では、中1~高3までの計11の研究授業(中学国語、高校国語,中学数学、高校数学、社会、理科、中学英語、高校英語、音楽,文系課題研究)が行われました。本校の中高教員全員に加え、お申し込みいただいた約180名の他校の先生方も一緒にこれらの授業を見学し、そして合同合評会を行うことで、よりよき授業づくりに向けて建設的で活発な意見交換を行うことができました。
 また引き続いて、京都大学教授で高等教育研究開発推進センター室長の溝上慎一先生による教員向けの記念講演「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」を行いました。こちらも非常に参考になる内容でした。
 お忙しい中、ご来校いただいた他校の先生方には、この場をお借りして、深く御礼申し上げます。

 「与えられたものをこなす」だけの生徒ではなく、「自ら課題を発見し、新しい価値を創造できる」人間を育てる学校に。そして、そのような魅力的な授業を作り出すため,先生方の勉強をこれからも。Beyond Bordersをめざす立命館中学校・高等学校の挑戦はまだまだ続きます。

 2019年度の公開授業研究会も、今年度と同じ6月の開催を予定しています。