ニュース

SGH 外務省フィリピン・イスラム学校教師招聘事業で本校に来校

2018.07.12

Super Global High School (SGH)
フィリピン・イスラム学校教師招聘事業で本校に来校


SGH 外務省フィリピン・イスラム学校教師招聘事業で本校に来校
課題研究発表、懇談会を実施しました

 7月10日(火)、外務省によるフィリピン・イスラム学校教師一行の招聘事業の一環として、本校に10名のフィリピン・イスラム学校の教師ご一行様が訪問されました。本校では交流を目的とした懇談会を開催し、高校1年~3年のグローバル系クラスの生徒11名と、本校GLコース卒業生2名が参加しました。懇談会では、フィリピンの教育事情や地理・文化・宗教について学ぶと共に、本校生徒からは特にSGHフィリピン研修での体験やそこから得た学びや考えについて、英語で発表しました。本校生徒にとって、フィリピンについて知識を深めると同時に、自らの体験を英語で語る良い機会となりました。また、GLコース2期生で現在大阪大学2回生の三輪勇斗君が、本校GLコース在籍時に課題研究で取り組んだフィリピンの貧困問題とその解決策について、英語プレゼンテーションを行いました。彼は、「貧困や発展の現状を自らの目で見ていくことで強い衝撃を感じた。コミュニティに実際に入り、そこに住む人々と話し、テレビやインターネットからの情報で知りえないような生の生活を肌で感じていくことで自らの価値観に大きな影響を与えた。厳しい状況の中でもたくましく生きる人々の姿は何不自由なく日本で暮らしてきた私の心に強い衝撃を与えたのだ。この経験が今の私を支える大きな軸となっている。そして、こうした経験の中から将来は国際機関などで開発分野の仕事に関わっていきたいという夢が生まれた」と述べ、その原動力が高校での学びにあり、将来に繋がるキャリアデザインを可能にしたのでした。
 本校SGHプログラムを通して学び成長したGLコース卒業生が、今後様々な分野でグローバルリーダーとして国際舞台で活躍する姿が楽しみです。