ニュース

立命館大学 Sustainable Week 2018で中学校1年生が英語でプレゼンテーション発表

2018.10.19

立命館大学で1014()から行われた Sustainable Week 2018にて、中学校1年生の進藤美耶子さんと松本千穂さんが英語プレゼンテーションを行いました。約2か月間、大学生の手厚い指導を受けながら、SDGsをテーマとした発表を作り上げました。「難民」と「服」をテーマとし、難民キャンプでの困りごとや、遠くに住んでいる自分たち中学生にもできる国際貢献について深く考え、聴衆にも協力を呼びかけました。英語でのプレゼンテーションにもかかわらず、堂々と思いを語ることができました。

この発表のために指導を行ってくれた「STEP」というグループは、本校卒業生で立命館大学の理系の学部に所属している学生たちです。高い英語力とプレゼンテーションスキルを駆使し、本校中学生の成長に貢献してくれました。中学生と大学生の連携という意味でも、実り多き機会となりました。

Sustainable Week 2018 について、詳しくはこちらをご覧ください。
  https://sustainableweek.org/sustainable_week_2018