立命館中学校・高等学校お問い合わせ

LINEで送る

施設紹介

キャンパス全体

キャンパス全体

校舎全体の延床面積は、これまでの27250㎡から38927㎡へと、約1.4 倍の広さに拡大されます。グランドや体育館などの運動施設を可能な限り大きく確保し、心と体を鍛えるのに相応しい施設を整備します。

教室ユニットを南北に3 つずつ、計6 ユニットを配置し、学年のまとまり、コースのまとまりなどをうまく配置できる構造になっています。小中学生のHR 教室と教員室を北棟に配置し、南棟に高校生のHR 教室を配置することを考えています。

メディアセンター、ホール、吹き抜けのオープンスペース、ランチルームなどの共通に利用する施設を建物の中心付近に配置し、各階のフロアをこれにつなぐことによって、学校全体のアカデミックな一体感を演出します。

主な施設

校舎棟

5階 MS HR教室、MS 教員室、MS 自習室、面談室、瑞兆軒(日本文化室) など
4階 小学5,6 年生HR 教室、中学1 年生HR 教室、高校3 年生HR 教室、セカンド・ステージ教員室、多目的教室、特別教室、面談室、クラブBOX、書道室、生物実験室、理科演習室、課題研究室、ホール調整室 など
3階 中学2 年生HR 教室、高校2 年HR 教室、中2 教員室、面談室、特別教室、社会科教室、教科研究室、大会議室、PTA室、中学生徒会室、高校生徒会室、クラブBOX、理科演習室、物理実験室、地学実験室 など
2階 清和会記念ホール(大ホール)、小ホール、中学3 年生HR 教室、高校1 年生HR 教室、特別教室、サード・ステージ教員室、校長室、アトリウム(オープンスペース)、面談室、進路資料室、音楽教室、レッスン室、化学実験室 など
1階 エントランス、事務室、メディアセンター、自習室、プレゼンテーションルーム、フォーラム(オープンスペース)、学園展示コーナー、清和会記念室、カフェテリア、技術科教室、家庭科教室、美術教室、メディアラボ、アクティブラーニングラボ、スタジオ、保健室、学習サポート室 など
地階 貯水槽、ポンプ室、倉庫 など

グランドおよびエクステリア

第1 グランド 陸上、サッカー、ラグビー など
第2 グランド 野球 など
第3 グランド ホッケー など
その他 地域提供公園、正門、南門、クラブBOX など

体育館棟

屋上 テニスコート、クラブBOX など
5階 トレーニングルーム、クラブBOX など
4階 特別教室、ランニングコース、クラブBOX など
3階 体育準備室、クラブBOX など
2階 第1 アリーナ(バスケット、バレー)、特別教室、更衣室、器具庫 など
1階 武道場(剣道、空手、フェンシング)、第2 アリーナ(ダンス、卓球)、更衣室、器具庫、エントランス など
地階 25m温水プール、第3 アリーナ、更衣室、器具庫、機械室 など

体験学習棟(宿泊棟)

屋上 天文台、観測デッキ など
3階 研修室、教員室、ラウンジ など
2階 研修室、教員室、ラウンジ など
1階 守衛室、倉庫、ピロティー、自転車置き場 など

立命館の伝統と先進性を纏った外観 伝統があり正統的な雰囲気を持つ素材と、世界に開かれた学校像を体現し、地球環境にも呼応する先進的な素材を外観において融合し、新しいキャンパスの姿勢を表現しています。
正門とそのまわりの壁・教室棟西側の日射抑制及び防球機能を備えたルーバーには、長岡京の地域性を取り入れ、竹をモチーフにしたデザインを採用しています。またその正門からのアプローチ正面に立命館のサインを設置し、学校らしい顔づくりを行っています。

学校の中心にあるアトリウム。右が教室、左がメディアセンター(1 階)と清和会記念ホール(2、3 階)

アトリウムに面したカフェテリア。約280 席収容。

約360mの全天候トラックと、サッカー、ラグビーに対応する人工芝コート

清和会記念ホールは、アトリウム1階のメディアセンターの上階(2 ~ 3 階レベル)にあり、1060 席を収容するホールです。中高別全校集会や生徒の自主活動、大規模なプレゼンテーション・コンサート・講演会、海外生徒との

1周144mのランニングコースを備えた第1アリーナ。左右のガラスブロックの壁面は自然換気シャフト。

体育棟地下1階にある25m8コースの本格的な屋内プール

「山﨑の合戦」の記憶(堀)を再現したコートヤード1