教員紹介

野中 朋美

Tomomi NONAKA 野中 朋美 准教授

  • 専門分野サービス工学、生産システム工学
  • 所属学会日本機械学会、精密工学会、サービス学会、
    人工知能学会、International Federation for Information Processing (IFIP) WG5.7 APMS (Advances in Production Management Systems)

これまでの研究の概要

持続可能なサービス・生産システムにおいては、短・中・長期の視点で技術進歩や社会情勢など経営環境の変化を考慮したマネジメントが必要です。サービス現場や工場の製造フロアなどを含む広義のサービスシステムを対象にシステムとしてモデル化し、生産性向上と付加価値創出の研究を行っています。

● 人の情報を起点としたサービス生産システム設計・管理
● 食を起点とした地域価値共創のためのデータ収集・分析システム:個別クッキングプレート・ネットワーク・システムの開発
● エネルギブロックモデルを用いた環境配慮型スケジューリング

キーワード:従業員満足、経営・マネジメント、シナリオ分析、最適化・シミュレーション、地域活性、食とAI、システムズエンジニアリング、システムか×デザイン思考

食マネジメント学部における今後の研究の方向性

食・食ビジネス分野へのAI活用が広がっています。健康寿命延伸・ヘルスケア・人との関わりを活かした新たなコミュニティづくり(地域活性)など食を通じた社会課題解決に期待が高まっています。

「食・食サービス」を対象に、人(マネジメント)を陽にモデル化した持続可能なサービスシステムデザイン・マネジメント研究に取り組んでいきます。JSPS科研費、企業との共同研究、神戸大学・慶應義塾大学・産業技術総合研究所・福井県鯖江市との共同研究など。

主な研究業績

  • An EOQ Model for Reuse and Recycling Considering the Balance of Supply and Demand, International Journal of Automation Technology, 9(3), 303-311, 2015
  • Energy Consumption in the Food Service Industry: A Conceptual Model of Energy Management Considering Service Properties, Advances in Production Management Systems, Springer, Boston, 605-611, 2015
  • 顧客満足度を考慮した従業員満足度モデル - レストランにおける職種による差異の分析 -, 日本経営工学会論文誌, 67(1), 59-69, 2016