次のグローバルリーダーを
生みだすために。
新世代リベラルアーツ、始動。

2019年4月開設予定。学部の設置届出予定。

※内容は予定であり、変更になる可能性があります。

CONCEPT

変化を機会と捉え、斬新なアイディアで問題を発見し解決へ導ける人材。それがGLAの考える、多様性あふれる新時代のリーダー。

グローバル化の中核をなすアジアをはじめ、さまざまな国・地域から学生が集い、すべて英語による講義で高度な学びをともにします。従来のリベラルアーツの枠を越え、異なる文化や社会背景を理解し、物事を多元的に捉える力や寛容力を自分のものに。一見無関係なものにフックを掛け新しい視点でつなぎ、不確実性が高まる社会において時代を切り拓く力を身につけていきます。

※ GLA : College of Global Liberal Arts、グローバル教養学部

CONCEPT

変化を機会と捉え、斬新なアイディアで問題を発見し解決へ導ける人材。それがGLAの考える、多様性あふれる新時代のリーダー。

グローバル化の中核をなすアジアをはじめ、さまざまな国・地域から学生が集い、高度な学びをともにします。従来のリベラルアーツの枠を越え、異なる文化や社会背景を理解し、物事を多元的に捉える力や寛容力を自分のものに。一見無関係なものにフックを掛け新しい視点でつなぎ、不確実性が高まる社会において時代を切り拓く力を身につけていきます。

※ GLA : College of Global Liberal Arts、グローバル教養学部

ABOUT GLA

異なる文化・文明の接点が増大している社会が、必要とする教養を。グローバル・リベラルアーツが、明日の世界を担う人材の礎となります。

これからのグローバル社会が要求するリベラルアーツは、ただ古典の修養に留まらず、より多元的な世界認識、深い歴史認識、さらに実践的な問題解決能力へと繋がりを見せます。この新たな地平を拓くグローバル化時代のリベラルアーツを修めるための環境として、「アジアのゲートウェイ」をコンセプトとする大阪いばらきキャンパスがあるのです。

ABOUT GLA

異なる文化・文明の接点が増大している社会が、必要とする教養を。グローバル・リベラルアーツが、明日の世界を担う人材の礎となります。

これからのグローバル社会が要求するリベラルアーツは、ただ古典の修養に留まらず、より多元的な世界認識、深い歴史認識、さらに実践的な問題解決能力へと繋がりを見せます。この新たな地平を拓くグローバル化時代のリベラルアーツを修めるための環境として、「アジアのゲートウェイ」をコンセプトとする大阪いばらきキャンパスがあるのです。

THREE PILLARS OF STUDIES

1

Cosmopolitan Studies

文化研究・地域研究を軸に、社会の多様性を理解し、さまざまな境界を超えて問題発見・問題解決に導く能力を養成する。

2

Civilization Studies

歴史研究・社会理論を軸に、国際社会の多元性と普遍性を理解し、人類にとっての新しい課題を浮き彫りにする力を育てる。

3

Innovation Studies

経営理論、科学・技術論を軸に、新しい知識と価値を生み出し、国際社会で実践できる知的能力と行動力を修得する。

* 上記3つの科目群について学修しますが、4年目にはいずれかの科目群を選択し、研究ゼミナールや研究論文に取り組みます。

DUAL DEGREE
PROGRAM

立命館大学・ANUの2大学から2つの学位取得へ。異なる学びの環境で多元的視野を育みつつ、課題の発見・解決を実践。

学部の全学生が2つの学位取得を目指すデュアル・ディグリーの学びは、日本初の試み。2つの国、2つの大学・キャンパスで学べるだけではなく、日本にいながらオーストラリアの大学講義を受講するなど重層的かつ多元的な学びを実践し、卒業後には、国際的なフィールドで多様なビジネスに学びを活かすことはもちろん、二つの学位を背景に、公共政策、法律、経営、建築など高度専門職大学院への進学や研究大学院への進学の道も大きく開けます。

DUAL DEGREE PROGRAM

立命館大学・ANUの2大学から2つの学位取得へ。異なる学びの環境で多元的視野を育みつつ、課題の発見・解決を実践。

学部の全学生が2つの学位取得を目指すデュアル・ディグリーの学びは、日本初の試み。2つの国、2つの大学・キャンパスで学べるだけではなく、日本にいながらオーストラリアの大学講義を受講するなど重層的かつ多元的な学びを実践し、卒業後には、国際的なフィールドで多様なビジネスに学びを活かすことはもちろん、二つの学位を背景に、公共政策、法律、経営、建築など高度専門職大学院への進学や研究大学院への進学の道も大きく開けます。

PROGRAM OUTLINE

設立

2019年4月開設予定。学部の設置届出予定。

入学時期

4月 / 9月

在留キャンパス

semester 1, 2, 3, 4, 7, 8
立命館大学、大阪いばらきキャンパス(大阪、日本)

semester 5, 6
オーストラリア国立大学、Acton キャンパス(キャンベラ、オーストラリア)

  4月入学
9月入学

semester 1, 2, 3, 6, 7, 8
立命館大学、大阪いばらきキャンパス(大阪、日本)

semester 4, 5,
オーストラリア国立大学、Acton キャンパス(キャンベラ、オーストラリア)

修業期間

4年間
※ 4年間のうち1年間はオーストラリア(ANU)に在留します。

入学定員

100名

取得学位

立命館大学:
グローバル教養学 学士

ANU:
アジア太平洋学 学士

英語能力における出願要件

TOEFL® PBT 570
TOEFL iBT® 80
IELTS 6.5

年間授業料

2,300,000 日本 円
(1 USD / 103.70 日本 円時の為替レートで、22,179 USD)

※デュアル・ディグリー・プログラムの履修に関し、オーストラリア国立大学が実施する授業について、授業料の別徴収は行わない。ただし、日本およびオーストラリアでの受講に関わる渡航費・寮費・生活費等は別途必要。

履修システム

日本(立命館大学)では、グローバル市民の素養を、オーストラリア(ANU)では今後重要視されるアジア太平洋地域についての知識を深め、これからの国際社会で活躍できる真の人材としての基礎を学びます。RUとANUで各16科目(以上の)学修科目を相互に単位認定することにより、両大学の学位を満たす単位を取得することができます。講義はすべて英語で行われます。

履修システム

履修の流れ
(在留キャンパスと科目)

立命館大学で4月から学修をスタートする場合、1、2、4年目は立命館大学、3年目はANUで講義を受けます。2年目と4年目は、立命館大学とANUの講義が半々で開講され、ANUの教員による講義を日本で受講することが可能です。なお、立命館大学で9月から学修をスタートする場合は、履修の流れが異なります。(下記、9月入学の場合を参照)

  • 4月入学の場合
  • 9月入学の場合

:立命館大学

:ANU

1st year 日本(立命館大学)に滞在、立命館大学のクラスルーム講義を受講 - 2nd year 日本(立命館大学)に滞在、立命館大学、ANUのクラスルーム講義を受講 3rd year オーストラリア(ANU)に滞在、ANUのクラスルーム講義を受講 4th year 日本(立命館大学)に滞在、立命館大学、ANUのクラスルーム講義を受講

ACCESS

立命館大学
大阪いばらきキャンパス(OIC)

〒567-8570
大阪府茨木市岩倉町2-150

CONTACT

立命館大学 グローバル教養学部設置準備事務室
〒604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1 朱雀キャンパス

Email: glapost@st.ritsumei.ac.jp

Tel: 075-813-8550

  • Beyond Borders
  • TOP GLOBAL UNIVERSITY JAPAN
  • 立命館大学
  • Beyond Borders
  • TOP GLOBAL UNIVERSITY JAPAN
  • 立命館大学