専門分野・ディシプリン

日本史、日本政治論、日米関係史

研究内容

現在までのおもな研究は日本の自衛隊の沿革、特に警察予備隊(1950~1952年)の発足からその歴史、特性、役割、変移についてです。本研究はGHQ占領時代(1945~1952年)の研究にも展開していきますが、この時代は、日本の生活のあらゆる面で著しい変化が見られ、戦後日本を形どる時代とも言えるでしょう。本研究によって、当方も含め学生が、日米関係、日本の近現代史、日本政治などのさまざまな分野への洞察力を身につけることが期待できます。

大学院を目指す方へ

大学は人生の中でも一番楽しい時のはず。大いに学び、文化体験に興じ、交流を楽しみ、得られる仕事の機会を最大限に活用してください。活躍を祈っております。がんばってください!

指導修士論文(過去5年)

  • Nihonjinron on Ice: Foreign/Japanese Identities Within the 1998 Japanese Olympic Men's Ice Hockey Team
  • Reconstructing the Past to Build the Future