人材育成目的・ポリシー

Ⅰ.人材育成目的

[ 研究科全体 ]

グローバル化する現代社会を、政治、経済、文化・社会のそれぞれの側面において、学際的な社会科学のアプローチで解明する国際関係学の研究者、および国際関係学の専門知識をそなえ、国際社会で活躍する職業人を育成することを目的とする。

[ 博士課程前期課程 ]

国際関係学の専門知識と異文化間の媒介能力とに裏打ちされた学際的・複眼的な視点に立ち、国際社会における秩序や平和の構築、国際開発・協力の促進、多文化社会の諸課題の解決などの課題について専門家としての分析力を有する人材、また特に日本と世界とを媒介する人材を育成することを目的とする。

[ 博士課程後期課程 ]

国際関係学の専門知識と異文化間の媒介能力とに裏打ちされた学際的・複眼的な視点に立ち、国際社会における秩序や平和の構築、国際開発・協力の促進、多文化社会の諸課題の解決などの課題について、独創的な知的分析を行う力を有する人材、および高度な専門家として実践的な課題解決に貢献する力を有する人材を育成することを目的とする。

Ⅱ.アドミッション・ポリシー

[ 博士課程前期課程 ]

国際関係学の専門知識と異文化間の媒介能力とに裏打ちされた学際的・複眼的な視点を身に付け、国際社会における秩序や平和の構築、国際開発・協力の促進、多文化社会の諸課題の解決などの課題について専門家として分析する力を培い、また特に日本と世界とを媒介する志をもつ学生を求める。

[ 博士課程後期課程 ]

所定の期間中に博士号を取得することを目指し、国際関係学の専門知識と異文化間の媒介能力とに裏打ちされた学際的・複眼的な視点を身に付け、国際社会における秩序や平和の構築、国際開発・協力の促進、多文化社会の諸課題の解決などの課題について、独創的な知的分析を行う力、および高度な専門家として実践的な課題解決に貢献する力を培って、終了後には、大学などの高等教育・研究機関における教育・研究職、および各種の国際機関を含む、高度な専門的知識を要する職に就くことを志す学生を求める。

Ⅲ.カリキュラム・ポリシー

[ 博士課程前期課程 ]

国際関係研究科は、研究科の人材育成目的を達成するため、博士課程前期課程において、グローバル・ガバナンス・プログラム、国際協力開発プログラム、多文化共生プログラム、Global and Japanese Perspectives Program、Global Cooperation Programという五つのプログラムによる教育課程を編成している。それぞれのプログラムは、国際関係学の基礎を修める基幹科目(Core Courses)、それぞれのプログラムにおいて主題化されている研究領域の専門的知識を深めるプログラム科目(Program Courses)を軸に構成されている。あわせてライティングや地域研究科目など、必要な研究上の技法・知識を修得する全プログラム共通の科目や共通科目が提供されている。院生は、これらのコースワークを通じて、自らの研究に必要な技能と知識を身につけつつ、特別演習あるいはAdvanced Seminarにおいてそれらを総合し、研究成果の結実として修士論文を執筆する。修士論文は、国際関係学への知的関心を反映し、専門領域に関する高度な知識にもとづく分析を遂行し、その研究の達成を裏づけるものである。修士論文を準備・執筆する過程で2度の公開報告会を設け、複数の教員から指導や助言を受け、論文の完成に向けて計画的に研究を進める体制が整えられている。

五つのプログラムは、それぞれ独立した研究領域を主題としつつ、相互の交流や連携を重視するものである。いずれのプログラムからも、上述のプログラム共通科目のほかに、(日本語基準のプログラムと英語基準のプログラムの区別なく)他のプログラムのプログラム科目を共通科目として履修できる。なお、各科目を履修することで獲得できる知識・能力・技能・態度についてはカリキュラム・マップにおいて定め、これにもとづいた履修計画を立てることが期待される。各プログラムにおける科目編成は以下のとおりである。

※ディプロマ・ポリシーを保証するカリキュラムのあり方(カリキュラム・マップ)についてはこちらを参照。

(1)グローバル・ガバナンス・プログラム、国際協力開発プログラム、多文化共生プログラム(日本語基準)
共通の基幹科目によって、グローバル・ガバナンス、国際協力開発、多文化共生の各分野を横断して修得すべき、国際関係学の基礎的な知識・態度・思考法を学ぶ。さらに、それぞれのプログラム科目でプログラム領域ごとに専門知識、現在の研究状況、実践的課題について学ぶ。また、全プログラム共通で開講されているプログラム科目や共通科目は、文献の読解法、質的・量的な資料調査などの諸技能、研究対象地域への深い理解、研究の推進に必要な実践的語学力などの修得をサポートする。

(2) Global and Japanese Perspectives Program(英語基準)
英語基準のGlobal and Japanese Perspectives Program(GJP)では、Core Coursesによって、国際関係学の基礎的な知識・態度・思考法を学ぶ。GJPのCore CoursesにはGJP Platform科目が設置されており、英語を母語としない学生はGJP Platform (E)を通じて、英語によるアカデミックなコミュニケーションの技法を学び、日本語を母語としない学生はGJP Platform (J)を通じて、日本語の運用能力を高めながら日本研究の導入を行うことが推奨されている。それを踏まえて、Program Coursesを履修し、それぞれの関心がある分野について専門知識、現在の研究状況、実践的課題について学ぶ。GJPのProgram Coursesには、日本語で提供される講義が含まれ、日本語によって専門領域の知識を補強することができる。全プログラム共通で開講されているプログラム科目や共通科目は、文献の読解法、質的・量的な資料調査などの諸技能、研究対象地域への深い理解、研究の推進に必要な実践的語学力などの修得をサポートする。

(3) Global Cooperation Program(英語基準)
英語基準のGlobal Cooperation Program(GCP)では、Core Coursesにおいて国際関係学および国際開発・協力についての基礎的な知識・態度・思考法を修得する。さらに、各自の研究関心に応じてProgram Coursesで専門知識、現在の研究状況、実践的課題について学ぶ。GCPのカリキュラムでは、Professional Trainingなどの科目を通して、国際開発・協力にかかわる実践的な学びの機会が提供されている。全プログラム共通で開講されているプログラム科目や共通科目は、文献の読解法、質的・量的な資料調査などの諸技能、研究対象地域への深い理解、研究の推進に必要な実践的語学力などの修得をサポートする。

※各プログラムにおけるコースワークを図示したフローチャートはこちらを参照。

[ 博士課程後期課程 ]

後期課程の院生は、学会等での報告や学術雑誌等への研究論文の公表を通じて、自らの研究活動を適時に社会に発信し、課程修了時には、博士論文としてその成果をまとめることが期待される。そのため、3本以上の論文を公刊していることが博士論文を提出する条件となっている。博士論文は、国際関係学の学際的・複眼的な視点から、学知の意義への深い洞察とその枠組の刷新を志向しつつ、高度な専門性を備えた独創性の高い優れた学術的論文となることが求められる。そのため、大学院生の研究能力の涵養に努め、計画的に研究活動を進めるために、国際関係研究科では、指導教員による細かな指導による「研究指導演習」を必修科目として開講している。

Ⅳ.ディプロマ・ポリシー

国際関係研究科は、学際的な国際関係学の研究の場として、新たな学問的可能性を拓く高度な能力を養成するとともに、国際関係学の学知・学識に裏打ちされた実務能力をもってひろく社会的要請に応える人材を育成することを目的とし、下記の通り、課程の修了時点において学生が身につけるべき四つの能力(教育目標)を定める。
これらの諸能力の獲得は、博士前期課程においては、カリキュラム・ポリシーおよびカリキュラム・マップに基づいて研究科が定める必要単位を取得し、修士論文の評価基準に基づく審査に合格したときに達成される。また、博士後期課程においては、研究指導を中心とした必要単位を取得し、博士学位請求論文の評価基準に基づく審査に合格したときに達成される。以上の基準を満たした者について、博士課程前期課程においては修士学位、博士課程後期課程においては博士学位を授与する。

1. (関心・意欲・態度) ※カリキュラム・マップでは「DP①」と示す。
専門領域に関する現在の研究状況について広く関心を払い、自らの研究を学術論文として展開することができる。

2. (思考・判断) ※カリキュラム・マップでは「DP②」と示す。
国際関係学の学知に基づいて国際関係の諸問題の分析を遂行することができる。

3. (知識・理解) ※カリキュラム・マップでは「DP③」と示す。
専門領域および研究対象に関する高度な知識を有し、その知識に基づく分析を遂行することができる。

4. (技能・表現) ※カリキュラム・マップでは「DP④」と示す。
広義の社会科学の諸方法を構成する諸技能(文献読解、質的・量的な資料調査などの諸技能)を有し、研究の推進に必要な実践的語学力をもって研究を遂行し、またその成果を公表することができる。

[ 博士課程前期課程 ]

国際関係学の専門知識と異文化間の媒介能力とに裏打ちされた学際的・複眼的な視点を培い、専門性を具えた研究を達成して、その成果として学術的価値を有する修士論文を完成し、修士学位にふさわしい学識を身につけていること。

[ 博士課程後期課程 ]

国際関係学の専門知識と異文化間の媒介能力とに裏打ちされた学際的・複眼的な視点を持ち、学知の意義への深い洞察と学知の枠組みの刷新を志向しつつ、高い水準の専門性を具えた研究を達成して、その成果として独創性の高い優れた学術的価値を有する博士論文を完成し、博士学位にふさわしい学識を身につけていること。

論文評価基準
[ 博士課程前期課程 ]
  1. 規定の分量を守っているか。
  2. 論文としての形式(図表の出典の明示、注の付し方など)がととのっているか。
  3. 規定に則った要約が添付されているか。
  4. 先行研究を十分に踏まえているか。
  5. 実証的研究の場合は、事実把握が正確であるか。理論的研究の場合は、諸理論の概要が充分整理されて批判的に検討されているか。
  6. 論文の構成(章・節)がととのっており、論旨が一貫しているか(各章の論理展開がどうか)
  7. 独創性(新たな視点、新たな知見など)があるか。
  8. 口頭試問における論文についての応答は適切であったか。
[ 博士課程後期課程 ]
  1. 形式的要件(分量・書式・注記・文献リストなど)を満たしているか。
  2. 研究テーマに適切な学問的意義が認められるか。
  3. 論文の構成に体系性はそなわっているか。
  4. 先行研究のサーベイが十分に行われているか。
  5. 理論的および実証的分析は、方法・内容ともに適切かつ十分であるか。
  6. 論旨・主張に整合性と一貫性は十分そなわっているか。
  7. 博士論文にふさわしい独創性をそなえているか。