研究科長挨拶

法学・政治学の専門知識をより実質的なものとし、特定の研究を中心とした研鑽を通して、専門性を確実に高めていく。

立命館大学大学院法学研究科は、当初法学及び政治学の研究者を養成することを目的に1950年に設置されました。現在では、それを引き継ぐ「研究コース」をはじめとして、企業法務や、司法書士、税理士などのいわゆる準法曹を志望する者を対象とする「リーガル・スペシャリスト・コース」、公務員を志望する者を対象とする「公務行政コース」、そして、学部での学習をベースに特定のテーマを深く掘り下げて研究する者を対象とする「法政リサーチ・コース」という、4つのコースを設けています。法学研究科では、これらによって専門的研究を志す皆さんの多様なニーズに対応するとともに、社会に通用する優れた人の輩出に努めてきました。さらに、最近では、東アジアの有力な大学の大学院と協定を結び、大学院生の積極的な海外交流を進めて、国際化の要請に対応しようとしています。

法学研究科の特色は、高度で専門的な教育内容を修得してもらうために、少人数教育を基本として、双方向型の授業を行うことにあります。これは、院生と教員の密接なコミュニケーションを図ることによって、教員から個々の院生に対して適切な指導がなされることを実現します。こうした授業環境を通じて、法学及び政治学の専門的知識がより実質的なものとなり、皆さんの専門性が確実に向上していくと確信しています。

また、法学研究科では、院生の修了後の進路が準法曹や公務員、あるいは民間企業の法務部門など多様化するなかで、それに応える能力開発にも力を入れています。「リーガル・スペシャリスト・コース」には、「ビジネス法プログラム」、「税務プログラム」など修了後の進路に対応した科目群を履修モデルとして提供していますし、企業や会計事務所等での法律関係業務を体験実習する「法務実習」という科目も用意しており、キャリア志向にも十分に対応しています。また、「公務行政コース」においては、公務員を志望する院生のニーズに応えた科目も提供しています。

皆さんが法学研究科に入学され、特色ある豊富なカリキュラムを活用して研鑽を積み、高度な専門知識を備えた優秀な人として社会で大いに活躍されることを心から期待します。

法学研究科長 宮井 雅明