ニュース

生命科学研究科 宮崎さんが新学術領域研究「動的秩序と機能」若手研究会において優秀ポスター賞を受賞!!

2017年117(火)〜9日(木)に大阪府四条畷市アイアイランドで行われた日本学術振興会科学研究費補助金 新学術領域研究「動的秩序と機能」若手研究会において、生命科学研究科生物工学コース構造生命科学研究室所属の博士課程前期課程2年生の宮崎真秀さん(指導教員:松村浩由教授)が優秀ポスター賞を受賞しました。

発表タイトル

細胞分裂必須タンパク質FtsZの離合集散挙動

 

新学術領域研究「動的秩序と機能」には、その班員として、生物学、化学、医学、計算科学など様々な分野の研究者が属しており、その中で若手研究者らの共同研究を促進させるべく、年1回の頻度で若手研究会が開催されています。今回の会議は全国各地から学生も含め多くの参加者があり、幅広い交流と意見交換が行われ盛会でした。今回、宮崎さんは博士課程前期課程から取り組んできた細胞分裂タンパク質FtsZに関する研究で興味深い成果を挙げ、数ある発表演題の中から優秀な研究成果として評価され、本賞が授与されました。


(左:松村教授 右:宮崎さん)

受賞おめでとうございます!!