ニュース

2017年度大学院ウィーク 実施報告

2017116日(月)~1119日(日)の期間を立命館大学では「大学院ウィーク」として、大学院進学に関わる様々な企画を行いました。

大学院ウィークのHPこちらから


 

大学院ウィークの期間中、生命科学研究科では下記4つの企画を行いました。

116日(月) 12:0013:00 研究科合同説明会

1113日(月) 9:0010:30  大学院進学セミナー

1115日(水) 9:0010:30 

元ライオン株式会社常務取締役 株式会社ファーマフーズ顧問 杉山圭吉客員教授によるキャリアパスガイダンス

1116日(木)18:0019:00  進学相談会

 

116日(月)研究科合同説明会

研究科合同説明会では、生命科学研究科のブースを設け、大学院担当副学部長である西澤幹雄先生と職員が来場者の個別の質問、相談に対応しました。来場者のほとんどが生命科学部の学生さんでしたが、中には他大学の学生さんもいらっしゃり、入試の制度や学費、奨学金、大学院へ進むメリット、大学院修了後の進路等、様々な相談を受けました。

 

1113日(月)大学院進学セミナー

この大学院進学セミナーは、生命科学部3回生が受講対象の「各学科セミナー」の授業内で実施しました。

冒頭、小島一男学部長・研究科長より、「大学院進学の意義と生命科学研究科の特徴について」お話をいただきました。生命科学部から生命科学研究科への進学率、大学院進学をすることにどのような意義があるのか、3回生のうちに考えておいてほしいことなどについて、お話されました。



その後、生命科学研究科の在学生4名に3回生の時に考えていたこと、進学を決めた理由、大学院での生活、研究、大学院の就職活動などについて、プレゼンテーションをしてもらいました。

参加学生からは、「これまで気になっていた点について、院進学をした先輩のお声を直に聞き、参考になり、安心もしました。」「大学院生の経験を聞く事ができて、自分自身の大学院に進学する覚悟を改めて、決める事ができた。」などと意見をいただきました。

  



 

1115日(水) 杉山圭吉客員教授によるキャリアパスガイダンス

このキャリアパスガイダンスは生命科学部の1回生を対象として、基礎演習の時間を使って実施しました。杉山先生はライオン株式会社の研究開発職として働かれた経験を元に、企業での研究開発の仕事について、大学と企業での研究の違いについてなどお話されました。また、早いうちから自分のキャリアデザインについて考えることが大切であるということで、学生にとって今後の大学生活や将来を考える貴重な機会になりました。

 

1116日(木)進学相談会

 大学院担当副学部長である西澤先生と職員で、生命科学研究科での研究内容、研究生活、奨学金制度や入試制度などについて、個別相談会を実施しました。

 

今回は大学院進学に関するイベントについてお伝えしましたが、生命科学部、生命科学研究科では、本学キャリアオフィスと連携して、進路について考えるガイダンスを実施しています。本人とって一番いい選択をしてもらえるよう、教職員一同サポートをしていけたらと思います。