ニュース

第67回高分子討論会で、木村聖哉さんがパブリシティ賞を受賞!!

2018年 9月12日(水)〜14日(金)で北海道大学で開催される予定でした第67回高分子討論会 (※1) において、木村聖哉さん(前期課程2回生 高分子材料化学研究室、指導教員:堤 治教授)が高分子学会広報委員会パブリシティ賞を受賞しました!

高分子学会広報委員会パブリシティ賞は、その発表内容が学術、技術、又は産業の発展に寄与するものであり、対外的に発表するにふさわしいと認められたものに授与されます。

講演タイトル:積層型コレステリック液晶エラストマーフィルムのひずみに伴う光学物性変化

木村さんは「キラル液晶エラストマー」とよばれる材料を開発し発表しました。
詳しい情報はこちらです↓
http://www.ritsumei.ac.jp/lifescience/achem/tsutsumi/jpn/science.html


開発した材料はゴムのような性質をもっており、力を加えて引き延ばすと色が変化するという不思議な現象を示します。本発表では、材料の力学特性をこれまでとは全く異なる方法で制御できること、およびこの材料がロボット用触覚センサなどに応用できることを示したことが評価されました。
http://main.spsj.or.jp/koho/67t/67t_2.pdf


《 受賞コメント 》

この度はパブリシティ賞という、大変名誉ある賞を頂きまして大変光栄に思います。受賞に際しまして、ご指導ご鞭撻を賜りました、堤治先生、久野恭平先生、東京工業大学の宍戸厚先生、赤松範久先生、また、堤研究室、宍戸研究室の皆様に心から感謝申し上げます。今回の受賞を励みに、より一層の努力を重ねていきたいと存じます。


受賞おめでとうございます!!
 
 (※1) 第67回高分子討論会は、9/6に発生した北海道胆振東部地震の影響により中止になりましたが、パブリシティ賞は討論会に先立って審査がなされ、受賞した講演についてはプレスリリースが行われました。
プレスリリースの詳しい情報はこちらです↓
http://main.spsj.or.jp/koho/koho_top.php