ニュース

8th Asia-Pacific NMR Symposiumで、若本さんがthe Best Poster Awardを受賞!!

201973()から6()に、シンガポールのNangyan Tehcnological Universityで開催された「8th Asia-Pacific NMR Symposium」において、生命科学研究科 博士課程後期課程4年の若本 拓朗さん(生体分子構造学研究室/指導教員:北原 亮 教授)がthe Best Poster Awardを受賞しました。このシンポジウムは、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、アメリカなど環太平洋の国々の研究者が参加する、NMR測定法に関する国際的なシンポジウムです。92件のポスター発表があった中、日本人として唯一受賞することができました。

今回のシンポジウムでは、“High-pressure NMR study of the locally disordered conformation of outer surface protein A (OspA)” という演題でポスター発表を行いました。日本に比べ韓国や中国からは沢山の学生たちが参加しており、アジアの研究アクティビティーの高さを感じるシンポジウムでした。


《 受賞コメント 》

ポスター賞を受賞することができ大変嬉しく思います。このような賞を受賞することができたのも、指導教員や研究室メンバーのご指導と励ましのおかげです。私が所属する研究室の目玉である「高圧力NMR法」を世界により一層アピールできたのではないかと自負しています。

2019 No1 若本さん授賞201907

受賞おめでとうございます!!

 

参加したシンポジウムについては、下記URLを参照ください。

 ↓ 

https://www.apnmr2019.org/