ニュース

第69回高分子討論会において、湯浅 杏子さんが優秀ポスター賞を受賞!!

2020年9月16日(水)~18日(金)に、オンラインにて開催された第69回高分子討論会において、博士課程前期課程2回生 湯浅 杏子さん(高分子材料化学研究室 指導教員:堤 治教授・久野 恭平助教)が、高分子討論会優秀ポスター賞を受賞しました。この賞はポスターの完成度、動画での説明力、発表内容を総合的に審査され、ふさわしいと認められた方に授与されます。

湯浅 杏子さん発表タイトル
『センサ材料を指向したコレステリック液晶エラストマーの光学・力学特性に与えるモノマー組成の影響』

《 受賞コメント 》
 この度は,優秀ポスター賞に選出され,大変光栄に思います。また,これまでの研究活動において熱心にご指導いただいた堤教授,久野助教をはじめ,共に切磋琢磨してきた高分子材料化学研究室の皆様に心から感謝いたします。今後もこれを励みに,研究に取り組んでいきたいと思っております。

2020 No03湯浅さん授賞

受賞、おめでとうございます!!

69回高分子討論会は、高分子科学に携わる研究者・技術者が研究成果の発表を行い、発表内容に関し、参加者と充実した討論およびコミュニケーションができる場であり、学術的向上や研究の新展開のみならず会員相互の人間的な触れ合いや国際的な交流を深めることを目的に開催されます。

第69回高分子討論会の詳細については、下記URLを参照ください。
https://main.spsj.or.jp/tohron/69tohron/index.html