コース紹介

人間とその文化を、
多様かつ現代的な視点から研究。

どれだけ時代が移り変わっても、人間が思考・行動し、あるいは表現をなす、すなわちその文化的な営みのなかには、変わらぬ部分が横たわっています。
この不変性(普遍性)を、壮大な歴史の流れや自身が生きる現代との相関のなかで生き生きと捉えるのが、ほかでもない人文学ですが、とすれば国際化やIT化が劇的に進展し、環境問題への対応の緊急性が明らかになった今日、この学問はより重要性を増しているというべきでしょう。
文学研究科はこの自覚にもとづき、具体的には次の3つの目標を掲げながら、教育と研究の成果を発信してゆきます。

  1. 既存の研究分野の高度化を目指すとともに、
    それらの領域を超えた
    新しい人文学分野を創出すること
  2. 研究者を目指す人だけでなく、
    高度職業人を目指したり、教養を深めたり、といった
    多様な要望に対応すること
  3. 人文学研究を社会的に生かすために、
    実践的語学力や情報技術等の
    さまざまな能力を養うこと

博士課程前期課程の2つのコース

大学院生の目的に応じた2つのコースを設置

前期課程では、様々な目的を持つ人を受けいれるため、2つのコース(研究一貫コース、高度専門コース)を導入しています。コースは入学出願時に決定し、入学後はそれぞれの目標に沿って研究を進めていきます。

  • 研究一貫コース

    博士課程後期課程に進学して博士学位を取得することを目指す人。
    博士学位取得後は、高等教育・研究機関での教育・研究に従事することを目標とする人を対象とします。

  • 高度専門コース

    博士課程前期課程修了後は、中学・高等学校教員、公務員、学芸員などの専門的知識が必要とされる職業を目指す人。
    また現役の有職者で、より専門的な能力を身に付けることを目指す人。その他、社会人として幅広い活動に応えられる教養を身に付けることを目的とする人を対象とします。