哲学専修

すべての学問の基礎となる、人間の根源を見つめる営み。

本学文学部の哲学専攻は、2600年におよぶ西洋哲学全体を視野においてカリキュラム構成されています。哲学専修ではそれに対応し、西洋哲学全般にわたって研究を行うことができる指導体制を整えています。

特にヒューム、カントを中心とした西洋近世・近代哲学、フッサール、ハイデガーを中心としたドイツ系の現象学的哲学、サルトル、メルロ=ポンティ、ポスト・モダンにわたるフランス哲学、英語圏を中心とした現代哲学、中でも倫理学・政治哲学などにおいては、その分野の専門家である専任教員が指導します。

講義、演習、研究指導などを通じて、学生たちは各研究テーマのもとで研究に励み、博士課程前期課程では修士論文、博士課程後期課程では博士論文の作成を目指します。
哲学専修は、2600年の歴史をもつ西洋哲学という「知の殿堂」で研究に専念し、学位を目指す意欲ある学生を待望しています。

教員紹介

氏名 研究概要
伊勢 俊彦 ヒュームはじめ近現代英語圏の哲学
加國 尚志 後期メルロ=ポンティ思想における自然の問題
北尾 宏之 カント倫理学の研究
谷 徹 現代の諸問題の現象学的解明
亀井 大輔 デリダ思想の形成と展開
林 芳紀 現代英米の倫理学・政治哲学、生命倫理、スポーツ倫理

-->