地理学専修

自然現象や経済、文化まで
あらゆる人の営みを調査・研究する。

1935年に本学の地理学教室は、西日本の私学において最初に設立されました。文学研究科に地理学専攻が設置されたのが1954年。以降、当教室は研究者を養成し続け、多数の修了生が全国の 大学や研究機関に勤務しています。

現在の地理学専修には、目的に応じた2つのコースが用意されています。

「研究一貫コース」は、上記のような人たちに続く若手研究者の育成を目的としています。本教室では、自然地理学から人文地理学にわたる広い領域を扱っており、加えてGISの研究では世界で最先端の研究拠点となっています。

「高度専門コース」では、都市計画コンサルティング企業に勤務するGISの専門家、公務員、大学職員、中学・高校の教員などの有為な人材を養成してき ました。特に教員に関しては、教育現場で即戦力として採用され、活躍できる力量をつけるための専攻共通科目、「教育実践研究(地理)I」「教育実践研究(地理)II」を開講します。

本専修修了生の全国各地での活躍により、「立命の地理」は学界と教育界において高い評価を得ています。

教員紹介

氏名 研究概要
生田 真人 大都市開発の比較研究
遠藤 英樹 社会学理論、観光社会学、現代文化論、社会調査法、人文・社会科学における「観光論的展開」、ポピュラーカルチャー、ツーリスティックな社会、地域研究、グローバルな世界
片平 博文 歴史的都市の空間構造と災害の研究
加藤 政洋 社会地理学、都市学、沖縄研究
河島 一仁 鍛冶・鋳物師集団の歴史地理学研究ならびにアイルランド研究
河原 典史 近代における日本・朝鮮・台湾とカナダをめぐる移民研究
古賀 慎二 都市の内部構造研究、オフィス立地研究
高橋 学 自然環境の変化と人間生活のかかわりについて
中谷 友樹 数理地理モデルの理論と応用
藤巻 正己 マレーシア・台湾の周辺的社会集団に関する社会地理学的研究,ツーリズム研究
矢野 桂司 GISを用いた都市システム・都市景観に関する研究
神田 孝治 文化/空間論的視座からの観光地の形成過程に関する研究
花岡 和聖 地理情報科学、国内外の人口統計データを用いた地理学的研究