専攻とコース(学問領域)および特徴

コース

医療薬学分野

医療薬学分野では、主に医薬品の適正使用を学ぶ臨床薬剤学や医薬品情報学、臨床試験(治験)について学ぶ臨床試験学、病院感染などの予防や抗微生物薬の適正使用と管理を学ぶ病原微生物学・感染症学、医薬品の吸収・分布・代謝・排泄からなる一連の動態を体系的に学ぶ薬物動態学などが学問領域となります。

病態生理解析分野

病態生理解析分野では、疾病の成因とそれに対する薬物作用を研究し、創薬基盤の理解に繋げる学問分野、すなわち生化学、生理学、ゲノム科学や、医薬品や環境中の化学物質の生体への影響評価を学ぶ衛生化学、毒性学、生体分析学などが学問領域となります。

特徴

  1. 医療薬学分野および病態生理解析分野の科目を配置し、専門領域に留まらず、基礎薬学から臨床薬学に至る幅広い領域の知識取得が可能。
  2. 4年間の特別研究において、主指導教員と副指導教員による指導体制をとり、領域を超えた視点から多角的な研究推進をサポート。
  3. 高度薬剤師養成に向けて、滋賀医科大学・関西医科大学と連携して、現地の医師、薬剤師の指導のもとに、がん化学療法、感染症治療、病院感染対策、妊婦・授乳婦に対する薬物療法の領域を中心に学べる高度薬剤師養成演習を設置(別途実習費用が必要です)。