社会人向けプログラム

協定機関からの社会人大学院生

「地域共創研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」は、政策科学研究科と協定を結んでいる以下の機関(地方自治体等)において一定期間、参与観察を行うことを目的とする授業です。この参与観察を通じて政策の形成・実施・評価の各過程を内在的に理解し、政策現場に根ざした厚みのある研究を実現することを研究科としても奨励しています。以下の機関からの社会人大学院生は、他の協定機関でこの授業プログラムに基づき参与観察の機会を得ることができます。また自らの機関においても勤務から得られる事柄が自らの研究課題と合致し、それに基づき有益なウィークリーレポート、ケースペーパーを書くことができた場合、単位認定がなされる場合があります。詳細は研究科事務室に問い合わせてください。

協定機関は、(公財)京都市・景観まちづくりセンター、亀岡市、舞鶴市、京都府山城振興局、草津市、茨木商工会議所、豊中市、NPOあおぞら財団、南信州広域連合、福井県若狭町です。