教員紹介 ‐TEACHER‐

教員紹介

‐TEACHER‐

加藤 敦史准教授

担当科目
「授業デザインの理論と方法」、「社会科教育実践研究」、「教職専門研修1〜4」

教師という仕事のやりがいとは?

 40年以上の教育経験のなかでは、それぞれのステージにより異なります。まず、教育荒廃が叫ばれていた時代の東京近郊の工業高校が新任の職場でした。大変な教育環境でしたが、生徒を信じ、共に歩むことを生きがいとしました。次の職場は県内有数の伝統校で国際化がキーワードとなったころです。PC、インターネットがない時代ですので、生徒に在京の大使館を訪問させ、聞き取りをさせました。また、新聞記者を講師に迎え、激動する世界を生徒に伝えていました。次は6年間の海外校でしたので、世界に通用する日本人を強く意識しました。そして地球が小さく感じることができました。そして次の職場は生徒一人ひとりの進路保証でした。40年を通して言えるのは、教科の力は生きる力、そして生徒を信頼することです。先日、卒業生から40年ぶりのクラス会の知らせがありました。新任の時の初めてのクラスの生徒からです。教師という仕事のやりがいとは人と人の関係を作り上げることだと思います。

担当科目を受講することで、どのような力が身につくのか?

 「授業デザインの理論と方法」では児童生徒の思考力の育成を図るために、教師が主体的に授業をデザインする力を育成します。またアクティブラーニングなどやICTなどを含む教材の効果的な活用を行う授業デザインのあり方を探求します。
 「社会科教育実践研究」では社会科、地理歴史科、公民科の優れた授業を行うための実践研究を行います。まず、それぞれの教科の基本的内容と原理、方法を理解します。フィールドワークとして小学校、中学校、高等学校の連携協力校を訪問し、そこでの実例をもとに、より高度な教材開発や指導方法、学力、評価等の研究を行い、より専門性の高い社会科教員を目指します。

教職研究科(教職大学院)を目指す方へメッセージ

一覧へ戻る

大学院コラム

    データがありません