留学プログラム参加者からのメッセージ

GRGP(Global-ready Graduate Program)参加者からのメッセージ

所属学科
環境都市専攻環境社会工学コース所属(大学院)
質問1留学した理由は?
発展途上国の水環境の現状を自分自身で見に行き、実情を知りたいという気持ちを学部生時代から抱いていました。このような気持ちがあったからこそ、大学院生となりGRGPを受講しました。GRGPでは受講生全員が主体となって英語でのプレゼンテーションや議論を通じて成長できる環境がありました。ここでの経験が海外に行きたいという気持ちを後押しさせ、研究留学するきっかけにもなりました。
質問2留学先で学んだことは?
留学先の中国の大学でも日本で行っている研究内容と同じようなことをさせていただきました。私は、河川の流れとともに流入する汚濁物に着目した研究を行っています。私が訪問した研究室でも同様の研究を行っており、その論文学習から始めました。また、汚濁物が含まれた水を用いた毒性テストなどにも参加し、現地の大学院生と共同での研究活動に参加することが多かったです。お互い英語が母国語ではないため、言語での意思疎通に苦労した部分もありましたが、筆談やジェステャーでのコミュニケーションを組み合わせることで比較的スムーズに研究室生活を行えました。
質問3留学前にやっておけばよかったと思うことは?
私の訪れた中国では日本の漫画・アニメが大流行していました。私の想像をはるかに超えた知名度です。事前に日本の文化は知っておいて損はないと思います。研究に関してでは、英語での研究論文を書いていたことがとても役に立ちました。海外に行ってしまうとあっという間に時間は流れてしまうので、日本に滞在している間に現地の人とやりとりして自分のやりたいことは考えておいた方がいいと思います。
Message留学をしたことがない方へのメッセージをお願いします。
GRGPは留学に必要なフォローアップがとても充実していると思います。私自身もGRGPを最大限に活用して海外に行くことができたと思っています。興味はあるけど、一歩踏み出すことに躊躇しているのならば、ぜひGRGPを受講してみてはいかがでしょうか。