プログラムの概要

国際的に時勢をリードしていく創造的人材へ

矢印

GRGPをとおして修得できる6つの能力

6つの能力
  • 自らの専門領域に関する高度な理論と技術に加え、理工学全般に対する深い造詣について、英語でも表現し伝えられること。
  • 知識や情報を集めて自分の考えを導き出す(自らの持つ知識を統合して、問題発見、課題設定を行い、対処方法を考え、解決を目指す)こと。
  • 専門を超えた、より幅広い連携の必要性を認識する(異なる考えを持つ仲間の、多様な背景に則った考え方に深い理解を寄せ、協働により目的達成を目指す)こと。
  • 何事においても、主体的に行動すること。
  • 理論や技術に加え、実社会とのつながりを認識する(技術が社会にどのように役立つかというユーザー視点を持つ。実社会における規範意識を共有する)こと。
  • 海外派遣、海外との交流、国際シンポジウムを通して多言語・多文化に接し、国際力を身につけること。
矢印

GRGPの3つの柱

豊かなフォローアッププログラム 海外の大学や研究所等での武者修業 集中的かつ双方向の英語授業