ニュース

最新のニュース

2020年03月26日

2019年度GRGP(海外留学プログラム)にて、海外で優秀な活動を行った学生を表彰致しました

2019年度GRGPでは、
理工学研究科、情報理工学研究科、生命科学研究科の学生33名が海外留学を行いました。
2020年3月24日(火)に、特に優秀な活動を行った3名を表彰しました。


■海外活動最優秀賞
・中山雄太さん 理工学研究科機械システム専攻機械工学コース
  活動期間:9月26日~12月18日
  活動場所:ドイツ ダルムシュタット 
           ダルムシュタット工科大学 MPA-Ifw Darmstadt


■海外活動優秀賞
・上嶋里奈さん 生命科学研究科生命科学専攻生物工学コース
  活動期間:9月3日~10月25日
  活動場所:オーストラリア メルボルン
            メルボルン大学


・牧野桂和さん 理工学研究科機械システム専攻機械工学コース
  活動期間:10月1日~11月29日
  活動場所:スペイン マラガ
            マラガ大学 建築材料工学科(UMA)

2019_GRGP表彰式

2019年07月18日

OB・OG経営者・若手技術者との技術懇談会を開催

理工学部機械工学科では、74日(木)、本学のOBOGが在籍する「株式会社神戸工業試験場」を訪問しました。

本企画は、試験場見学ならびに経営者および若手技術者との技術懇談から、漠然と抱いている製造業のイメージを具体化すること、かつ最新の技術の現場に触れることで学科の学びに繋げて貰うことを目的に実施しました。

試験場では、様々な施設を見学しました。その一例で、神戸工業試験場独自である「試験片供養塔」を見学しました。「試験片供養塔」は試験片加工、材料試験に使用した不要な試験片に感謝の念を込めて建てられた塔であり、アメリカやヨーロッパにはない習慣で、海外から高く評価されています。

学生は日頃見ることの出来ない貴重な施設の数々を見学し、技術者との方との懇談を通して自分の学科での学びやキャリア形成を考えるきっかけとしていました。引き続き、理工学部では学生のキャリア形成支援企画を行っていきます。


OB・OG経営者・若手技術者との技術懇談会20190718-1

2018年10月25日

ダイハツ工業(株)三井会長による講演会と衝突回避支援ブレーキ機能体感試乗会を実施

理工学部は、一般社団法人日本自動車工業会(以下、日本自動車工業会)と連携し、びわこ・くさつキャンパスにて三井正則・ダイハツ工業株式会社会長による講演会および最新の衝突回避支援ブレーキ機能を搭載した車を体感試乗会する「大学キャンパス出張授業2018」を実施しました。


講演会では約300名の学生を前に「ものづくり 人づくり 夢づくり」をテーマに講演いただきました。三井会長は自身のご経験などをふまえながら、熱くご講演いただき、多数の質問にも丁寧に回答いただきました。講演後には抽選会が行われ、三井会長からスマートアシスト機能付ミニカーのプレゼントがありました。


試乗会では約150名の学生が、衝突回避支援ブレーキ機能を体験しました。

本企画を通じて理工系学生が、ものづくりの重要性はもとより、企業での最前線の技術開発の動向や、技術者に求められている資質なども実際に学び、自身のキャリアを考える一助となりました。


2018年09月27日

FPGAによる自動車の自動走行コンテストで立命館チームが優勝

201899日、電子情報通信学会が主催するFPGAデザインコンテスト(テーマ:FPGAによる自動車の自動走行コンテスト)にて、立命館大学 電子情報工学科 泉研究室のチームが優勝致しました。

本コンテストは小型自律ロボットカーの自動運転をテーマとし、車体構成からFPGAを用いての画像認識・自動運転まで、すべてを開発し、実際にコースを走行して自動運転の完成度を競うものです。 立命館チームは予選から本選まで際立って安定した走りを見せ、 見事優勝致しました。

  12月には同テーマの国際大会に参戦の予定であり、今後さらに状況に応じた自動運転技術を開発していく予定です。

参加ロボ・カー集合写真

出走の様子

表彰式


 

2018年09月26日

新しいものづくりの拠点「AIOL(アイオーラボ)」がリニューアルオープンしました。

この度、本年4月に開設したAIOL1の敷地面積を拡張する形でAIOL2を新設し、「AIOL(アイオーラボ)」がリニューアルオープンしました。AIOL2には、人工知能WSやハイスペックPC、シングルボードコンピューター(ラズベリー・パイ(Raspberry Pi))等を導入し、電子回路の作製、プログラミング、さらにはハードとソフトから成る組み込みシステムの作製、データ分析等が出来る様になりました。

AIOL1に整備された機械加工機器、電気工作機器,3Dプリンター、真空形成機などの工作系機器に加えて、AIOL2の電子プログラミング系機器が追加され、これからのIoT化、AI化を見据えた総合的な「ものづくり」を行える環境が整備されたこととなります。

また、AIOLには、可動式の机・イス、ホワイトボード、ディスプレイ、プロジェクターを導入しましたので、グループワーク、ディスカッションを気軽に行うことが可能です。

理工学部・理工学研究科の学生のみならず、

立命館大学の構成員であればどなたでもご利用可能です。

皆様のご利用お待ちしています。




基本オープン時間:平日授業日の1030-1800

場所:イーストウィング1F

※一部機器は使用前に研修を受けて頂きます。

 

オープン時間等の詳細情報は下記URLを参照ください。

Facebookhttps://www.facebook.com/Ritsumei.AIOL

Twitterhttps://twitter.com/all_in_one_lab