ニュース

最新のニュース

2018年05月15日

理工学部設立80周年記念碑デザインコンペティション開催

立命館大学理工学部は、1938(昭和13)年の立命館高等工科学校の開校を機として、その後、幾度の変遷を経て、1949(昭和24)年に新制の理工学部として設置されました。そして、1994(平成6)年にびわこ・くさつキャンパスへの拡充移転を経て、2018年に設立80周年を迎えます。

そこで教育と研究により人材育成と社会発展に努めたこの間の変遷を顧み、さらに、今後20年間の新展開を担う学部教職員、そして院生・学部生が共にその飛翔を祈念するために、びわこ・くさつキャンパス(BKC)に、本年を記念する造形を施すこととしました。本コンペティションは、そのデザインのアイデアを募集するものです。最優秀作品のアイデアはできるだけ実際の計画検討に反映することを目指し、体制的に可能な場合にはその提案者に実際の設計を委託することを検討しています。

コンペティション参加資格:立命館大学理工学部、大学院理工学研究科の在学生および、BKCにて修学した同学部卒業生および同研究科修了生

応募要項等の詳細は、追ってお知らせ致します。

2018年04月02日

新入生オリエンテーションを実施しました

2018年4月の入学者へのオリエンテーションが始まりました。
初日は、学科長から大学入学にあたっての心構えや4年間の
学びについての説明、在学生の体験談、オリター(新入生支
援をする先輩達)の紹介を実施しました。



学科長からの挨拶



在学生の体験談発表



オリター紹介



2018年03月27日

ものづくりの新拠点「AIOL」は5月のオープンを予定してます。

BKCイーストウイング1階に開設する新しい「ものづくり」の新拠点「AIOL(アイオーラボ)」は、5月のオープンを予定しています。詳しくはこちらから

2018年02月13日

「こうなったらいいな!をカタチにする!」-AI・IoT学生プロジェクトが実を結ぶ―

2017年秋、電気電子工学科・電子情報工学科の12回生の学生を対象に希望者を募り、
AIIoT学生プロジェクト」を展開しました。

このプロジェクトに参加した学生は9名。各自があげたテーマをもとにチームに分かれ、
「こんなシステムがほしいな」という思いを「カタチ」にするために、チームで取り組
みました。

期間は、10月から1月中旬まで。毎週金曜日、1630分から1930分を基本に集まり、
プログラミングの学習から実装まで、各チームで取り組みました。

今回扱ったテーマは、以下の4点。
 ・天気を予測し、洗濯物を守るシステム ~下宿生の切実な悩みなんです~

 ・冷蔵庫マネジメントシステム     ~下宿生と親の悩みなんです~

 ・忘れ物検出システム         ~うっかり忘れるんです~

 ・
Deep learningを用いたbitcoinの価格予想システム  ~お金持ちになりたいんです~

参加学生のプログラミング能力は様々で、初めて扱うソフトウエアもありましたが、
TA
の指導の下、試行錯誤を繰り返しながら、まとめあげ、112日に成果発表会を開
催することができました。


出来上がったシステムは、まだまだ改善の余地があるものでしたが参加学生にとっ
ては、新しい知識を獲得しただけでなく、今後の学習の方向性を見つけることができ
る貴重な機会になりました。

プロジェクト全体を指導して頂いた深尾隆則先生(電気電子工学科教授)は仰って
います。「自分たちでシステム全体を考え、たとえ一部であっても、出来ることから
やってみる。それが大切。学生
9名はその一歩を踏み出しました。自分たちが考えた
システムの一部が実現し、その喜びを感じ、次につながれば大成功です。始めなけれ
ば始まらない!彼らは当たり前のことに気づいてくれたのではないでしょうか。」と。

 AIIoTは、様々な分野で活用されています。今後もAIIoT学生プロジェクトを実
施する予定ですので、みなさん、迷わず、ぜひふるってご参加ください。

2018年春、イーストウィング1階に、新しいものづくりの拠点“All in One Lab”が
できます。この部屋では、精密な造形加工だけでなく、電子デバイス設計や作成も可
能です。こちらもぜひ活用してください。

2017年10月27日

ノーベル物理学賞受賞・益川敏英先生を招いて「特別鼎談会」を開催しました。

20171026日、立命館大学理工学部にて、
2008
年にノーベル物理学賞を受賞された益川敏英先生をお招きし、
理工学部長笠原教授、物理科学科菅原教授との「特別鼎談会」を開催致しました。

「研究の楽しさと厳しさ」をテーマとした特別鼎談会には、
附属校生、学部生、院生、さらには一般企業の方も多数が参加されました。

鼎談会では、理系に進んだきっかけや、研究者を目指された理由、
ノーベル物理学賞受賞までのエピソードなどをユーモアを交えてお話くださいました。


また、鼎談会後の懇親会においては、多くの学生が益川先生を囲い、
研究に対する思いや学生への熱いメッセージなど、非常に内容の濃いお話を頂戴する事ができ、
大変有意義な時間を過ごすことができました。




2017年06月12日

NHK学生ロボコンに出場しました

6/11(日)に東京・大田区総合体育館で実施されたNHK学生ロボコンに、理工学部プロジェクト団体のロボット技術研究会が、出場しました。残念ながら予選リーグで敗れてしまいましたが、応援いただきありがとうございました。当日の様子は7/17(月)930からテレビ放送予定です。











記念撮影の様子



前日のテストランの様子1


前日のテストランの様子2


本番直前の調整