教員紹介

西山 昭彦

西山 昭彦(にしやま あきひこ) 教授

専門分野
  • 人材育成論
  • 起業家論
  • コーポレートガバナンス論
研究主題
「ビジネスパーソンの生涯キャリア研究」がメインテーマです。学生時代の就活の成功から始まり、社会人として仕事の満足度を高めながら、同時に業績をあげ、組織や社会に貢献する職業人生、その後の定年後の人生も多面的に充実させる。そのような人生の成功要因抽出のため、社会人千人以上の調査を行ってきました。この成果を学生に還元するのがミッションだと思っています。
自己紹介

私自身の教育歴は、一橋大学で社会学、ロンドン大学大学院(LSE)で政治社会学、ハーバード大学大学院で行政管理学、法政大学大学院で経営学と、3か国(日本、英国、米国)の大学・大学院の異なる専攻課程で学びました。これが自分の多様な理論的バックグラウンドとなっています。

社会人としては、民間企業に長期間勤務し、営業所、工場、本社、外部機関出向と全社ローテーションをしてきました。38歳で社内ベンチャーで新会社を創立し、取締役として経営に従事しました。この起業を経て、同様の起業経験者等との研究会を10年続けました。現在は商社の社外取締役として、経営の意思決定にかかわっています。

教員としては、法政、東京女学館、一橋の3大学に勤務しました。担当科目は、経営学概論、人的資源論、キャリア形成論、企業家論等です。また、学外においても情報発信を続けており、これまでに著書61冊、マスコミ掲載記事1500件となっています。一例として、日経カレッジカフェの就活の連載が下記にあります。

http://college.nikkei.co.jp/article/87431712.html