実施についてのQ&A

インターンシップ・コーオプ演習の実施にあたり、よくご質問を頂く内容をまとめました。
その他ご不明点があれば左記のお問い合わせ先までご連絡ください。

Qをクリックすると、質問に対する答えを見る事ができます。

インターンシップを実施したいのですが。

まずは本学キャリア教育センターにご相談ください。ご要望に応じて、研修概要作成・広報など、ご協力させていただきます。

単位授与型のインターンシップを受け入れるにあたり、留意すべきことはありますか?

単位授与には、協定(覚書)の締結、本学が定める夏期休暇・春期休暇中にて、最低40時間以上(休憩含む)のインターンシップ研修の設定が必要です。なお、研修中に予定が変更となる際は、必ず本学キャリア教育センターまでご一報ください。

インターンシップ生の募集方法はどのように行われるのでしょうか?

学内専用のホームページやメール配信、学内での掲示などを通じて学生へインターンシップ受入先情報を周知します。

協定書について、当社の雛形があり、そちらで締結を行いたいのですが。

まずは、本学キャリア教育センターへご一報ください。対応方法についてご相談させていただきます。

インターンシップ生が体調不良の場合、感染の可能性のある学生には研修を休んで欲しいのですが。もし、その様なことが起こり、研修が予定日数行えなかった場合は、どうしたらよいのでしょうか。

まずは貴社の体制を優先していただき、出席停止の指示をしていただいて結構です。ただ、単位授与型のインターンシップには、最低40時間以上の研修が必要となりますので、本学キャリア教育センターまで必ずご一報ください。対応方法について、ご相談させていただきます。

特定の性別が多い職場なのですが、募集段階で性別を指定することは可能ですか?

男女雇用機会均等法に準拠し、性別を限定した募集広報はおこなっておりません。

長期に渡るインターンシップを行いたいのですが。

本学が定める夏期休暇(8~9月)もしくは、春期休暇(2~3月)期間内であれば、1ヶ月程度の研修期間をご設定いただくことも可能です。それ以上の期間をご希望の場合は本学キャリア教育センターまでご相談ください。

単位授与型ではなく、自由応募(公募)型などでのインターンシップを検討しています。

まずは本学キャリア教育センターへご相談ください。 募集形態に応じ、関係部署へおつなぎします。

研修開始前に、学生に会社訪問をして欲しいのですが。

研修概要を本学にお知らせいただく際に、その旨もお伝えください。学生への募集広報時に、合格した際は事前の会社訪問が必要である旨を明記します。日時がお決まりで無い場合は、合格決定後、研修生がご挨拶のお電話をさせていただく際にご決定ください。もちろん、事前訪問を行わず、研修を開始していただいても結構です。

インターンシップにエントリーする際の事前課題図書はどのようなものが望ましいのでしょうか。

学生が入手しやすい新書、または、受入機関様にて独自で作成されているパンフレット、新入社員様への研修用資料、一般誌への掲載記事など業界の課題が学習でき、インターンシップ開始までに、学生が参加目的や問題意識を捉えることのできる課題をご推薦頂ければ幸いです。

コーオプ演習に興味があるのですが。

本学キャリア教育センターにご相談ください。担当者より別途ご説明させていただきます。