インドからナマステ

ナマステ!立命館インド・オフィスからのブログ第一便です。

「ナマステ」。合掌してこう挨拶します。日本でお参りする時や食事の前後にする合掌ですが、その起源はインド。神様にも人にも、昼でも夜でも、どこでも挨拶する時の身振りです。仏教を介して伝えられたインドの文化が、日本の身近な生活習慣にまで浸透している一例です。

日印両国の学術交流も長く深い歴史はありますが、未だそれほど活発だとは言えません。両国の学術交流がもっと盛んになり、特に未だ大海の一滴に過ぎないインドからの留学生が増大し、学術交流がもっと活発になることを目指して、当事務所ができてから丁度3年になります。文科省が推進するグローバル30事業の一環として設立された日本の大学の海外共同利用事務所の一つです。

バンガロールには東京大学インド事務所があります。お互いに協力しながら、インド人学生に日本を留学先候補として考えてもらえるように様々な活動をしています。

当事務所の存在をできるだけ多くのみなさんに知って頂けるよう、このブログを活用して、当事務所やインドのことを色々ご紹介していきたいと思っています。どうぞお楽しみに。


2