日本の想いをインドから!!

こんにちは。今回は部署も変わり研究部事務局よりお届けいたします。

去る1月25日(日)インドニューデリーにて日印科学技術セミナーが開催され、本学から立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)中谷吉彦教授が参加しました。

この企画は、安倍総理のインド訪問にあわせ行われたもので、本学も共催として参加しました。
ちなみに今回参加した日本の大学は、インドに事務所を設ける東京大学*と立命館大学だけです。

セミナー会場であるホテルに到着すると、そのセキュリティに驚かされます。
まずホテルのゲート前で車を止められエンジンルームとトランクをチェックされます。
到着後は全ての手荷物をチェックされます。ホテルに入る前に手荷物までチェックされるのです!!

講演された中谷先生は、立命館大学の歴史、研究機関としての取り組み、さらには人材育成について語られていました。

本学は「世界水準の研究大学」を目指すことを研究高度化中期計画にも掲げ、日々奮闘しています。
具体的には先生方に積極的に研究活動をしていただくため、我々事務局は学会への参加、研究費の獲得、知的財産の獲得等、様々な研究支援を行っています。
こうした先生方の研究は授業やフィールドワークを通して学生・院生に還元されます。


今回のセミナーの詳細は下記にもありますのでご覧ください。
立命館大学HP
外務省HP   


日本の熱い想いがホットなインドにも伝わっていると嬉しいです!!

*東京大学は南インドのバンガロールに2012年に事務所を開所



講演する中谷教授

中谷教員の講演の最後のスライド。立命館が少しでも日本⇔インドの「架け橋」に貢献できますように!!

参加者(インド工科大学の学生さんが聴講していました!!)

講演会前のコーヒータイム


8