2013年12月のブログ一覧

2013.12.24

ロンドン的クリスマス事情

「やっぱり“本場”のクリスマスは素敵でしょうねー!」「ロンドンでクリスマスなんて羨ましいなぁ」・・・クリスマス時期になると私は毎年のように、日本在住の友人・知人たちからこのような声を掛けられます。こんな風に感じている日本の方は多いのではないでしょうか。

ところが、案外ロンドンのクリスマスというのは憧れの対象でもなんでもない要素が多いのです。もし独身なら、まず友人たちはさっさと里帰りしてしまう(東京などと同じでロンドン出身者は少ない)か、たとえクリスマスに友人宅へ呼ばれたとしても、お正月とお盆が一緒になったような身内色の濃い中で、兄弟姉妹・従兄妹・おじさん・おばさん・おばあちゃん・おじいちゃん・父さん・母さん、おそらくその誰一人として、子供時代に自分と共通のTV番組は観ていない!、という事実に今さらのように愕然とし、「あーあの時ケイトはポールと付き合ってたよねぇ」なんて盛り上がっている横で、「誰?」と頭の中がクエスチョン・マークで一杯になりながらも、礼儀正しく微笑みを浮かべるしかないのです。きっといつもよりアルコールの回りも早いことでしょう。

おまけに、25日は公共交通機関が全面的にストップします。地下鉄もバスも電車も何もかも。お店も殆どが閉まり、走っている車も極端に少なくなり、プチ・ゴースト・タウン化?!そういう意味では、普段とは違うロンドンを観ることができて興味深いのですが。

1年未満の留学で来た場合など、もしかするとクリスマス前後は一人で過ごすことになるかもしれません。とはいえ、あまり心配しないで下さい。クリスマス・デーの25日さえやり過ごすことができれば、翌日の26日からロンドンのあちらこちらでセールは始まるし、街に活気は戻るし、大晦日はまさに友達と盛り上がるのが定番だし、寂しいことはありません!

一人にならなければ、誰かが傍にいる幸せも実感できないかもしれません。一人にならなければ、多少の間くらい傍に誰もいなくても大丈夫なんだと気づかないかもしれません。ロンドンで過ごすクリスマス、来年は体験してみませんか!?!

During the Holiday Season 
more than ever, our thoughts turn gratefully to those who have made our progress possible. 
And in this spirit we say, simply but sincerely... 
Thank You and Best Wishes for the Holiday Season and a Happy New Year.


皆さま、どうぞよいお年をお迎え下さい!



ピカディリー・サーカスにある有名なエロスの像、今年は巨大なスノウ・グローブに変身!クリスマス気分も高まります。

イルミネーションにも映えるなぁ。

それにしても、今日は一段とお天気が悪い・・・。

あ、あれ?

ス、スノウ・グローブが、強風でペッチャンコに!!

2013.12.12

英国事務所の活動内容

立命館英国事務所は、英国そして欧州内における「立命館ブランディング」活動に特に力を入れています。もちろん、最初は「英国に事務所があるんです」という所からスタートしましたが、一期一会、という言葉をかみしめながら、少しずつ色々な方々とのご縁ができ、認知度も高まってゆきました。具体的には、様々なイベントへの参加・協力を通してネットワークを広げ、そのネットワークから生じたニーズやチャンスに応じたプロジェクトを企画したり提案したりすることで、さらにブランド力を上げてゆくステップにする、という感じです。そんな繋がりの中で、来年1月23日には在英日本国大使館にて、サイエンス関連シンポジウムを立命館及び英国の大学の先生方と共に実施することになりました!

これからももっと発信してゆくことが大切ですが、「千里の道も一歩から」、とはこういうことか、と、今さらながら実感しています。大学に限らず、人にとって最も重要なものだと思われる「教育」についても同じですね。毎日が学びの場といっても過言ではないでしょう。ドア付近は満員でも、車内はガラ空きのロンドン地下鉄で乗車を「拒否」されたり、ちゃんと正しい住所を書いて送ったのに、なぜか違う場所に発送され、結局は送り返されてきた小包を笑顔で「はい♪」と渡す英国ロイヤル・メイルとの遭遇など、イギリスで勉強中、いや「修行中」の私です(笑)!?!

学びの次元がずれているような・・・。


写真は、今年の春お手伝いをした、ロンドンのユニヴァーサル・ピクチャーズ英国本部にて、スポーツ健康科学部田畑泉教授の「タバタ・プロトコール」ラウンチ・イベントの様子です。
(筆者は、正面向かって、田畑教授の左に座っています!)