ブログ・タイトルについて

ロンドンに一度でも来たことのある方なら、英国事務所ブログ・タイトルをご覧になって「あれあれ??」と思われたはず。「異常気象」だった今年の夏は別として、「ロンドンっていつもどんよりしている印象だけどなぁ」と。それが「晴天なり」って、早くもこのブログの行き先を案じておられる方もいらっしゃることでしょう。

確かに、ロンドンは晴天とはいえない日が多い。しかし、それでも、いやおそらくそれだからこそ、英国の人々は日本に比べれば四季の変化が乏しいこの国で、春や秋の訪れをいち早く察知し、嬉々として飽きることなく会えば天気の話しを続けるのではないでしょうか。それがひいては、斜に構えた英国式のユーモアに繋がっているのだと思います。

晴天じゃない日の方が、ロンドンにも人生にも多いかもしれない。だったら、お天気じゃない時は笑ってやり過ごすしかない。いつかきっと晴れる日は来るのだから。文字通り「心にいつも太陽を」、との想いを込めたタイトルです!

私がロンドンで学んだ一番好きな英語のフレーズは、This is not the end of the world-行き詰ってもう終わりだぁ、と叫びたくなると、このMagic sentenceを唱えてみる。状況は変わらないけれど、不思議と新たなヤル気がわき起こってきます。現在どこかへ留学中の皆さん、これから留学する皆さん、海外生活はハプニングがつきものですが、必ず何とかなりますよ~!!

さて、次回からは具体的な英国事務所の活動の模様をお伝えしてゆく予定です。引き続きご愛読よろしくお願いします!!



+++写真は、昨年のロンドン・オリンピック開会式”リハーサル”時に、オリンピック・スタディアム内で掲示されたもの。ボランティア登録していた私は、一足先に開会式をライブで体験しました!でも「Save the surprise;本番が来るまで内容は誰にも秘密だよ」のこの掲示通り、ネット上に全く情報は流れていなかったと思います。もちろん、女王陛下のご出席はリハーサルではなかったですが、その代理のスタッフたちが、厳かに、そしてにこやかに手を振って大ウケでした(笑)。


3