その他NEWS/EVENTS

2014年11月27日

中国、北京物資学院よりソフトボール部を受け入れ、立命館大学および奈良学園大学奈良文化女子短期大学部女子ソフトボール部との交流試合を実施

11月15日(土)、立命館大学原谷グラウンドにて、中国・北京物資学院、立命館大学および奈良学園大学奈良文化女子短期大学部女子ソフトボール部との交流試合を実施した。

北京物資学院は中国北京市に所属する物流学科、経済学科を特色とした商学系の大学で、現在、経済学部、物流学部、情報学部、商学部、労働科学・法学部、外国語学部、国際学部の7学部を設置している。

今回は学生部長をはじめ、教員2名、女子ソフトボール部員14名の計17名が11月13日(木)~18日(火)の期間に来日し、BKCキャンパスを拠点にキャンパス見学や立命館大学の学生を交えた交流会等を行った。

北京物資学院女子ソフトボール部は2005年に設立以来、大学の重点強化スポーツとして位置づけられ、北京リーグ一位の好成績を有している。今回の来日が初めての海外遠征ということもあり、立命館大学および奈良学園大学奈良文化女子短期大学部を交えて交流試合を行うこととなった。
試合の結果は立命館大学の勝利となったが、部員同士は国境や言葉を越え、スポーツ交流を深めることができた。

立命館では、今後も多様な学生交流、スポーツ交流を通じての国際交流を積極的に促進していくこととしている。

在学生との交流会の様子

交流試合での様子