その他NEWS/EVENTS

2013年 NEWS/EVENTS 一覧

2013.11.18

インド Delhi Public School Bangalore South から高校生ら8名が来校

2013年11月12日、インドのDelhi Public School (DPS) Bangalore Southから高校生ら8名が立命館大学を訪れました。DPSの引率教員であり、現地で日本語教師をしているSyeda先生から、立命館インド・オフィスに本学訪問の要望が寄せられ、この度実現しました。

彼らは将来の進学先として日本の大学を検討しており、国際関係学部が英語で実施しているGlobal Studies (GS)コースを訪れ、日本語の授業、Peace Museum Seminar、そしてGlobal Environmental Issuesの3つの授業を見学しました。いずれのクラスでも温かく迎えられ、高校生たちにとっては大学の授業を受けるという貴重な体験となりました。

授業見学後は、ボランティアの日本人学生ら4名と共に学生食堂で昼食を食べました。 日本に来日して以来、主にインド料理レストランで食事をしてきた彼らは、初めての学食に興味津々。 じっくりと吟味したおかずを美味しそうに食べていました。 昼食を食べながらの日本人学生との交流も盛り上がり、楽しいひと時が過ごせたようです。

立命館の海外オフィスを通じて、海外での立命館の知名度が上がり、こうして実際に大学を訪問していただけるのはとても喜ばしいことです。今後もこのような交流を通じて、立命館の魅力を世界に発信していきます。

留学生向けの日本語授業を見学

Peace Museum Seminarでクラスに
紹介されるインド人高校生たち

ベジタリアンでも食べられるものを
注意深く選んでいます

日本人学生と交流しながらの食事

短い時間ながら、楽しんで
いただけたようです

存心館の時計塔の前で
日本人学生と一緒に記念撮影

2013.11.06

タイ王国 バンコク・ドンムアン区教員らが来校

2013年11月1日、タイ王国バンコク・ドンムアン区から、教員ら27名が立命館大学を訪れました。

松本記念ホール陪審法廷にて、タイの労働法を研究されている法務研究科・吉田美喜夫先生から、
立命館大学の説明や、日本の大学が直面している少子高齢化などの課題についての話があり、
皆さん興味深そうに耳を傾けていました。

その後、立命館大学に留学中のタイ人学生2名が、それぞれ立命館大学へ留学を決めた理由や京都での
生活について話し、普段の生活や奨学金についてなど、活発な質疑応答が行われました。

このような交流を通じて、より多くの海外の方に立命館大学の良さや日本留学について理解して
いただけることを願って、今後も様々な国からのお客様を歓迎したいと思います。


法務研究科・吉田美喜夫先生との記念撮影

2013.10.28

世銀、JICAの中堅幹部を招聘し学生向けキャリアセミナー開催します

立命館大学経済学部国際経済学科1回生を対象に
「民間企業の経験と国際機関の仕事」というテーマでセミナーを開催します。
他学科生、他学部生の聴講も歓迎します!

■講師・講演テーマ
①「新興国ビジネスと開発金融機関の役割」
寺見興生氏 IFC(国際金融公社)東京事務所副所長 インベストメント・オフィサー
②「リスク管理と開発途上国での活躍の可能性」
三井祐子氏 JICA調達部
■日時:2013年11月14日(木) 14:40~17:30
■会場:立命館大学BKCキャンパス C301教室

詳しくはチラシをご覧下さい。
ISC2013年度企画「民間企業の経験と国際機関の仕事」

2013.10.16

JICA主催・大学生国際協力フィールド・スタディ・プログラム 募集のお知らせ

独立行政法人国際協力機構(JICA)が大学生を対象に途上国の国際協力の現場でフィールド調査演習を行う「大学生国際協力フィールド・スタディ・プログラム」の参加者を募集中です。

詳しくはJICAのホームページをご覧ください。
http://www.jica.go.jp/partner/college/field_study.html

問合せ、申し込みは直接JICAまでお願いします。


2013.10.03

STAND UP TAKE ACTIONキャンペーンのお知らせ

国際協力事業課は、今年もSTAND UP TAKE ACTIONキャンペーン(以下スタンド・アップ)に参加します。

学校で、オフィスで、公園で。10月17日の世界反貧困デーに向けた年に1回のアクションにあなたも参加しませんか。
参加方法はこちらから

いつでも、どこでも、誰とでも、気軽に参加できる国際協力活動がスタンド・アップです。学校、職場、家族、趣味のサークル、友達などと一緒に、屋外でも屋内でも、旅行先でも家の中でも、貧困問題解決、MDGs達成を求めて立ち上がり、写真を撮って登録してください。



(以下STAND UP TAKE ACTIONサイトより)

スタンド・アップは貧困解決のための世界的なキャンペーンで、2000年に189ヵ国のリーダーたちが合意したミレニアム開発目標(MDGs)達成を後押しするために実施されているものです。

このMDGsとは、2015年の期限までに8つの分野において具体的な目標達成を掲げた開発目標です。例えば、「世界の貧困人口を半減する」「5歳未満児の死亡率を3分の1にする」など、8分野で21のターゲットが定められています。

スタンド・アップのキャンペーンでは、MDGs達成に向けて人々の力を集めるため2006年から毎年、世界反貧困デー(10月17日)前後に貧困解決を求める意志を示すために「立ち上がり」(STAND UP)、「行動する」(TAKE ACTION)ことを呼びかけ、その様子を収めた写真を集めて1つの「声」をつくる活動を行ってきました。それを日本では「動く→動かす」が集計し、日本の政府、政治家、省庁などに届け、貧困解決とMDGs達成に向けた取り組みを政府に求めてきました。そして民間の組織や市民に対しても、身近なできることから何か実践をするよう呼びかけています。

2009年には世界各地で1億7000万人以上がこのキャンペーンに参加しギネス記録を打ち立てました。2012年は日本全国で2万6563人が立ち上がりました。学校で、オフィスで、公園で、行動の場所は問いません。年に1回のキャンペーンに、あなたも参加しませんか。

STAND UP TAKE ACTIONキャンペーン
http://www.standup2015.jp/


2013.09.13

国際協力・貢献HP(英語・中国語ページ)をリニューアルしました。

国際協力・貢献HP(英語・中国語ページ)をリニューアルしました。

英語ページはこちら
http://www.ritsumei.ac.jp/intl/eng/

中国語ページはこちら
http://www.ritsumei.ac.jp/intl/cn/

2013.07.26

国際協力・貢献HPをリニューアルしました。

国際協力・貢献HPをリニューアルしました。