活動内容 program_disasterNEWS/EVENTS

2015年02月17日

インドネシア共和国、ガジャマダ大学との共同シンポジウムを開催

2月2日(月)、インドネシア共和国、ジョグジャカルタ市にあるガジャマダ大学と共同で防災に関するシンポジウム、「UGM-Ritsumeikan International Symposium on Disaster Mitigation 防災による持続可能な未来の創造」を開催ました。

セッション1 防災に関する共同研究発表

「防災による持続可能な未来の創造 Creating a Sustainable Future through Research and Students collaboration of Indonesia and Japan」をテーマに開催したシンポジウムでは、塩崎賢明教授(政策科学部)による「住宅政策からみた災害復興の課題と展望-神戸、ジョグジャカルタ、東北の比較検討」と題した基調講演の後、日本、インドネシア両国の研究者によるこの三年間の共同研究の成果発表が行われました。
 

セッション2 学生ワークショップ

減災コミュニティはいかにして生成・維持・発展できるかをテーマに開催した学生ワークショップでは、山口洋典 立命館大学共通教育支援機構淳教授 災害復興支援室副室長がファシリテーターを務め、立命館大学、ガジャマダ大学から合計27名の学生が参加しました。2大学から各3つの発表があり、その後、3グル-プに分かれて、東日本大震災の復興状況についてや、復興コミュニティ作り、福島の放射線被害による風評被害についての討論や両国の比較などを行いました。短時間にも関わらず積極的な意見交流が行われ、最後にそれぞれのグループからキーワードの発表を行いました。

終了後、参加者からは「日本とインドネシア、同じ自然災害を多く抱える国として、様々な共通点があり大変参考になった」「福島の現状など、知らないことがたくさんあり新しい知識を得ることができた」とのコメントがありました。

立命館大学とガジャマダ大学は1996年に協力協定を締結して以来、とりわけ、防災研究分野において活発な共同研究を進めてきました。今後は今回の学生ワークショップのような、今後多方面にわたるさらなるパートナーシップへの発展が期待されます。

詳しくはこちら


シンポジウムの様子

70名を超える研究者や学生が集まった