政府間協力案件

マレーシア日本国際工科院

Malaysia Japan International Institute of Technology (MJIIT)

MOU調印式

プロジェクト背景

日本型工学教育の国際拠点となることを目指し、2001年にマレーシア政府から日本政府への国際工科大学設置の提案を受け、日本・マレーシア首脳会談で構想の推進で一致しました。2006年5月より、MJIUT(Malaysia Japan International University of Technology:マレーシア日本国際工科大学)の開設に係り、立命館アジア太平洋大学教授(現APU客員教授)を専門家としてマレーシア現地に派遣し、九州大学、東海大学からの派遣教員とともに2009年10月までカリキュラム開発等、開設準備を行ってきました。

2009年3月にはマレーシアの政権交代により主管官庁が解体され、MJIUTの取り組みが事実上ストップしましたが、2010年5月、両国の首脳会談を経て、マレーシア側がUTM(マレーシア工科大学)内に独立したインスティチュートを開設することで閣議決定し、同時に名称をMJIUTからMJIITに変更しました。

MJIITは2011年9月に開講し、2012年6月には開校式が開催されました。

  • 2月にオープンしたMJIIT新校舎 2月にオープンしたMJIIT新校舎
  • 産業博物館に展示した、立命館の産学連携パネル 産業博物館に展示した、立命館の産学連携パネル

プロジェクト概要

MJIITは、4学科(電子・コンピュータ工学科、機械精密工学科、環境グリーン技術工学科、技術経営学科)のコースを提供しており、学校法人立命館は2010年10月から2012年12月までの約2年間に亘り、技術経営学小委員会の幹事校を務め、2012年2月には、立命館大学国際教育推進機構特別招聘教授(現APU客員教授)を、MJIITに派遣しています。また、2012年6月より、機械精密工学小委員会にも、本学理工学部の教授がメンバーとして参加しています。

技術経営学小委員会の幹事校からは退きましたが、副幹事校として、引き続き、カリキュラム策定、日本人教員派遣、マレーシア学生共同指導などの分野で協力を行っていきます。

UTM