政府間協力案件

日越大学(ベトナム)

Vietnam-Japan University(VJU)

MOU調印式

プロジェクト背景

ベトナムは21世紀に入り急速な経済発展を遂げています。今後の持続的な経済発展のために社会のニーズに応えられる人材が求められています。このような状況の下、ベトナム政府から日本政府に対し高度人材養成を目的とした大学設置について協力依頼がありました。設立構想について議論を重ねた結果、日本政府協力のもと日越大学 (Vietnam-Japan University) の設立を行うこととなりました。

立命館大学は2006年の設立構想開始当時から調査・議論に参加しています。現在は理工学部を中心に環境技術分野の幹事校として、修士課程のカリキュラム作成・教員派遣などの協力を行っています。

プロジェクト概要

日越大学は2016年9月に以下6分野の修士課程を開設しました。将来的には10年後を目標に学士課程を開設し、学生数6,000名規模のアジアを代表する大学になることを目指しています。

2016年9月に開設した学問分野と幹事校

  1. 地域研究:東京大学
  2. 公共政策: 筑波大学
  3. 企業管理: 横浜国立大学
  4. 環境技術: 立命館大学、東京大学
  5. ナノテクノロジー: 大阪大学
  6. 社会基盤: 東京大学